イラスト:あべさん

写真拡大 (全5枚)

「血は水よりも濃い」と言うけれど、そうとは限らないケースも。血縁だから仲がいいは幻想!?きょうだいに対するホンネをアンケート。不満や心配な点を聞いてみると――(イラスト◎あべさん)

この記事のすべての写真を見る

* * * * * * *

Q 親からの愛情に格差はあった?

《あった!》81人

姉の朝ごはんはイクラ丼なのに、私は白米だけ出されて「おかずは勝手に見つけて食べろ」と言われていた。
誕生日プレゼントも、姉は毎年もらえたのに私は2年おき。
ほかにも、3歳の時に「うろちょろするから」と柱に縛られ、苦手で食べられないカツオのあら汁だけがおかずに出されたことも。
姉も姉で、私をかわいそうなどと思わず、勝ち誇って食べていた

(56歳・姉1人)

明治生まれの父は、「男は教育が必要」「女には教育はいらない」という考えの持ち主でした

(78歳・兄2人、姉5人、弟1人)

私がどれだけいい成績をとろうと両親は褒めることがなく、姉よりレベルの高い学校に進学した時など「姉を見下している」と決めつけ嫌悪感を示された。なにより、私だけ親から暴力を受けていた

(55歳・姉1人、弟1人)

母は機嫌が悪くなるといつも、私にだけ「(別れた)父親のところに行きなさい」と言ってきた。半世紀も前のことなのに忘れられない
(63歳・弟1人)

末っ子の私だけが異常にかわいがられていることは、3歳の頃から感じていた。買ってもらえなかったものはないほど。姉や兄は面白くなかったはず

(47歳・姉1人、兄1人)

母の口癖は、「長女は跡取りだから大事。次女のあなたはいつか嫁にいくのだからそれまでの付き合い」。そんな姉が反抗期を迎えると、母は小学生の私に子育ての悩みや愚痴をぶちまけてきた

(50歳・姉1人)

布団叩きで打たれるなど、私への躾はとても厳しかった。一方、やっと生まれた跡取りの弟は、挨拶をしなくても、好き嫌いを言ってもお咎めなし

(57歳・弟1人)

高校受験の時、私は公立のみしか許されず、弟は私立を受け放題。そのうえ、私に初潮がきても知らんぷり、胸が膨らんできても下着すら買ってもらえなかった。
そして現在、認知症の母に「昔から息子のほうがかわいかった」と聞かされる日々

(58歳・弟1人)

女2人、男1人のきょうだいなのに、家にお雛さまはなく、五月人形だけがあった。
姉に心の病の傾向があり、姉ばかり気にかけられていた(私は中間子)。弟は男だからと食事内容に差をつけられた

(61歳・姉1人、弟1人)

父は仕事人間で、母は知的障害のある兄しか目に入っていなかった

(59歳・兄2人)

母は姉ばかりを褒め、私は怒られることが多かった。今も、母は姉の子をかわいがり、私の子はおまけみたいな扱いをされている

(59歳・姉1人)

えこ贔屓ではなく、男尊女卑に満ちていた。末娘の私は甘やかされこそしたが、尊厳はない

(65歳・姉5人、兄1人)

《なかった!》72人

祖母は兄ばかりかわいがったが、母のきょうだいへの扱いに差はなかったように思う

(57歳・兄1人)

どの子も同じように扱った明治生まれの父母。農家でしたが、能力にあわせて進学の選択肢も与えてくれていた

(74歳・兄6人、姉1人)

回答者数…153人 平均年齢…62.8歳

読者アンケート結果発表「血縁だから仲がいいは幻想!?」
 Q 親からの愛情に格差はあった?
 Q 現在、きょうだいと交流はある?
 Q 金銭感覚のズレを感じたのは……
 Q わが子の不安の種は?