ヤクルトスワローズがサヨナラ勝ちでリーグ連覇を達成した9月25日、2年連続で負け越しが決定した球団がある。巨人である。

【画像】父・桑田真澄を心配する息子のMatt

「最下位の中日を相手に先発の菅野智之が5回途中4失点で降板。打線も2試合連続で1点に抑えられ、2連敗を喫し、3位以下が確定した」(スポーツ紙デスク)

 16年ぶりとなる2年連続の負け越しで、今オフ、去就が注目されるのが桑田真澄投手チーフコーチだ。


桑田コーチ(左)と原監督 ©時事通信社

「投打のバランスが良かった。投手陣がストライクをどんどん取ってくることを恐れないという点では非常に攻撃的なチームだった」

 これはヤクルト優勝を受けた原辰徳監督のコメントだが、裏を返せば自軍は「攻撃的な」投手陣が構築できなかったことを意味する。

「桑田コーチに対する当てつけです。ここのところ、原監督から桑田コーチへの当たりがきつくなっている」

 と、スポーツ紙巨人担当記者は言う。確かに今季の巨人投手陣は、防御率3.72、四球は409とリーグワーストの数字が並ぶ。

 ただ、桑田コーチにも言い分があるという。

「シーズン中盤から先発を早い回に降ろし、リリーフ陣をつぎ込むことが多くなり、“マシンガン継投”と揶揄されるようになりました。でも実はこの頃には継投のタイミングや人選の判断を、主に監督がするようになっていた。そのため、継投に失敗して負けると桑田コーチが『タイミングを決めているのは監督ですから』『もっと投げさせてあげたかった』と愚痴るのがお決まりになっていた」(同前)

息子のMattは「パパが壊れちゃう」と芸能関係者に相談

 7月、3試合連続で満塁弾を被弾し、原監督は「私とコーチ陣の指導が悪いということ」と語ったが……。

「試合後には桑田コーチが『俺のせいにすんのかよ!』と荒れていた」(球団関係者)

 8月2日から約3週間、OBの郄橋尚成氏を臨時コーチとして主に2、3軍の投手陣を指導させたことも。

「春季キャンプ中ならまだしもシーズン中は異例。米在住の郄橋氏が東京ドームで解説する『レジェンズシート』の仕事で帰国していた際、監督室に呼んで依頼した。桑田コーチへの不満の表れでしょう」(同前)

 そして遂に桑田コーチは、家族にも悩みを吐露し始めているようで、

「息子のMattは『このままだと、パパが壊れちゃう』と、芸能関係者に相談している」(前出・記者)

 ただ桑田コーチは、原監督がわざわざ山口寿一オーナーに直談判して連れてきたという経緯もある。

「それを2年でクビにするのはいかがなものかという意見も球団内にある。2軍などに配置転換して続けさせる可能性も」(同前)

 桑田親子の苦悩の日々はまだまだ続く。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年10月6日号)