(イラスト:あべさん)

写真拡大

歳を重ねてからきょうだいと衝突する2大要因は、「親の介護」と「相続」です。「親の介護」について、トラブルを回避するために知っておきたいポイントを、専門家である、理学療法士・公認心理師の橋中今日子さんに聞きました(構成=島田ゆかり イラスト=あべさん)

* * * * * * *

《介護の呪い》のような価値観

私は20代でがんの父を看取り、その後、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟と、ヤングケアラー歴を入れると約40年、ほぼ一人で家族の介護をしてきました。

結婚して家を出ていた姉は介護に非協力的で、「父が危篤だ」と連絡してもなかなか帰ってこないような人。姉がなぜそんな態度だったのかについては、後に「自分が介護をきちんとできないことが怖い」からだとわかりましたが、「なんてひどいの!」と、信じられない気持ちになったものです。

このように介護が原因で、きょうだいとの間に溝ができ、トラブルに発展。最悪の場合、絶縁ということにもなりかねません。その理由は、「きょうだいだからわかり合える。協力して、介護に関われるはず」という、一方の希望が裏切られてしまうからです。

たとえば、自宅で親を介護し疲弊している自分に対し、「施設に入れたら」という兄を冷たいと感じる。介護を任せっきりにしておきながら、上から目線のアドバイスやダメ出しをする妹に苛立つ。あるいは、協力をお願いしても関わろうとしない姉に怒りを覚えるという場合もあるでしょう。

いずれも、「きょうだいなら、自分と同じ思いで親を介護するはず」という期待が裏切られるから起こる感情です。けれど、きょうだいとはいえ、性格はもちろん、親との関係性、介護の経験値や考え方にも違いがあります。

また、最近増えているのは、認知症の親が、介護している自分には冷たく当たるのに、時々来るきょうだいにはニコニコして態度が変わるというケース。これは「たまに来るお客様」に愛想よくするという《介護あるある》の悩みの行動ですが、介護している側は傷つきますよね。

いずれにしても、これらのトラブルの根本には「親の面倒は子がみなければならない」という《介護の呪い》のような価値観があると、私は思っています。極端な話をすれば、子どもが親を介護するのは義務ではありません。

私は介護に悩む相談者の方に、「できないならプロに任せていい」とアドバイスをしています。「そんな薄情な……」と言われる方が多いのですが、これが長引く介護に備えての大前提です。

私自身の経験でいうと、介護を通して祖母や母、姉との軋轢を修復できたので、介護をした時間は宝物になりました。また、祖母と母からは、「ありがとう」という言葉ももらえた。しかし、自分と同じ気持ちや行動をきょうだいに求めても苦しくなるだけ。まずはそれぞれの考えを尊重すると心得て。そのうえで、協力してくれるよう促すコツがあるのでご紹介しましょう。

職場でも家でもない「第三の居場所」を作る

介護に協力的ではないきょうだいの本心は、「親への愛情がない」「親に興味がない」のではなく、「親が老いて自立できないという現実を直視できない」「自分が何もできないことを知られたくない」など、さまざまな気持ちや要因が隠れている場合が多いのです。ですから、相手が得意なことや簡単なことからお願いしてみると、案外すんなり手伝ってくれることもあります。

たとえば、情報収集が得意なら、介護サービスの利用手続きについて調べてもらう。人とのコミュニケーションや交渉が上手ならケアマネさんとの窓口になってもらう。家事が好きな人もいるでしょう。

私の姉も、最初は介護にまったく関わろうとしませんでした。けれど、私が母の楽しそうな笑顔の写真や、「今日はこんなことがあったよ」とポジティブなメッセージを送り続けるうちに、介護に対する怖さが減ったようで、今では私に代わってサポートをしてくれるまでになりました。

最初は意見が合わなかったり、協力が得られずに腹が立ったりしたとしても、少しずつ気持ちが変化してくることもあります。自分は無理をしない。相手にも強要しない。この考えが重要です。

もう一つ、最初から行政や相談窓口、介護保険のほか、保険外のサービスもフル活用しましょう。仕事を辞めたり、同居したりして一人で担う必要はありません。できる範囲でいいのです。

大切なのは、職場でも家でもない「第三の居場所」を作ること。趣味のサークルでもいいし、習い事でもいいと思います。私は介護で悩みの渦に巻き込まれている時に心理学を学ぶことで、その状態から抜け出せました。「自分にはほかにも居場所がある」という実感は、介護を続ける中でとても大切です。

最後に、親の立場からできることをお伝えしましょう。子どもに対して「自分の暮らしを犠牲にしなくていい」「同居は望まない」などと、折にふれ伝えておくこと。「介護は自分たちの貯めたお金の範囲で」という心構えも大事です。元気なうちに保険証券や通帳などをまとめておくとよいでしょう。

介護を必要とする人は今後どんどん増えていきます。きょうだいとのトラブルを回避するだけでなく、それぞれの生活を大切にしながら、親の介護に向き合えるようにしたいですね。

<相続編はこちら