中古デバイスの売買を行うSellCellの調査によれば、iPhone14は一度中古デバイスとなると、新品と比べて販売価格が平均で38.4%下落することが明らかになりました。この価格の下落は、iPhone13と比較して著しく大きなものとなっています。

iPhone14は中古デバイスになると価値は約4割ダウン

SellCellは、発売から10日後時点のiPhone14シリーズとiPhone13シリーズの販売価格推移を示すチャートを公開しています。
 

 
iPhone13の発売から10日後の中古デバイスとしての販売価格は、新品と比べて18.2%下落だったのに対し、iPhone14の中古デバイスとしての販売価格は、定価から38.4%ダウンとなっており、大幅な価格差が観測されています。

iPhone14 Pro Maxのパフォーマンスは13 Pro Maxを上回る

iPhone14 Proの発売から10日後の中古デバイスとしての販売価格は新品価格の31.1%下落となっており、iPhone13 Proの26.3%下落よりも価格の下がり幅が大きくなっています。
 
iPhone14シリーズの中で中古デバイスとしての販売価格を最も維持しているのがiPhone14 Pro Maxで、発売から10日後時点での中古デバイスとしての販売価格は定価から19.6%下落にとどまっています。これは、iPhone13 Pro Maxの21.4%下落よりもパフォーマンスが良いということを意味します。
 
 
Source:SellCell via fpt.
(lexi)