恋愛する気がない?【絶食系男子】の特徴と男性心理と本音を深掘り!

写真拡大

恋愛をしよう!という意欲がなく、興味すらないそんな男性のことを、絶食系男子と言います。
そんな絶食系男性の特徴と、どうして恋愛に興味がないのかについて、深掘りしていくので、最後までチェックしてみてくださいね。

■1人でいることが多い

絶食系男子は1人でいることを好む人が非常に多いです。そして、大勢でいることを嫌がります。
恋愛に興味がないのはもちろんですが、そもそも自分以外の人間に対してそこまで興味が湧かないという本音も隠されているのです。

誰かといるよりも、1人でいるほうが心地よいと感じているので、恋愛もしようと思わないと考えているでしょう。

■いつも冷静

いつも冷静で、感情的になるようなことはほぼないのが、絶食系男子の特徴。喜怒哀楽がわかりにくいので、何を考えているのかわからないと思われることも多いでしょう。

そもそも、人に対して自分の感情を伝えたり、表現することに対してそこまでメリットを感じていません。

人に心を開いてもどうにもならないと考えているので、感情は自分の中で処理することが多いようです。

■夢中になっている趣味がある

絶食系男子は、人にはあまり興味を抱かないものの、何か自分が夢中になれる趣味があれば、それに情熱を注ぐものです。

趣味に夢中になっているからこそ、時間があればなるべく趣味の時間に捧げたいので友達はいらない!と考えているもの。
優先順位の1位に趣味があるので、彼女を作ろう、彼女が欲しいなどと考えることがほぼないと言えます。

■最低限の会話しかしない

絶食系男子は基本的に誰かと会話することをあまり好みません。それよりも自分の世界に浸っていたいからです。

人と会話をしても得られるメリットがないという考えを持っているので、近づきにくい雰囲気も持っています。

会話は必要最低限のことだけ、そして誰かに連絡を取る時も必要最低限のやりとりしかしない、という特徴があります。

■絶食系男子は距離を縮めにくいタイプの男性

絶食系男子は、その名前の通り恋愛どころか他の人に対してあまり興味を持たない人なので、距離を縮めにくいと言えます。

とは言っても、恋愛をすることは絶対にない!とは言いきれないので、コツコツと少しずつ距離を縮めていって信頼関係を築くことで恋愛に発展することもあるでしょう。

絶食系男子の心理を少しずつ理解していって、趣味に興味を抱くことで、仲良くなることができるはずです。

(setsuko/ライター)

(ハウコレ編集部)