米国特許商標庁(USPTO)は現地時間9月27日、Appleが新たに取得した22件の特許を公開しました。一連の特許にはAirPods Maxも含まれており、3つの意匠権も同時に公開されています。

一連のセンサーでユーザーエクスペリエンスが向上

AppleのオーバーイヤーヘッドホンAirPods Maxを対象とする特許出願には、一連のセンサーと新しい機械的機能をヘッドホンに組み込むことによって、全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させるのに役立つと記載されています。センサーは、ヘッドホンの向きの決定、アクティブノイズキャンセリング、光学センサー、ジャイロスコープ、静電容量センサー、光センサー、画像センサー、力センサーなどで構成されています。
 

意匠権はiPad Pro、Apple Storeのデザイン、App Clipロゴ

22件の特許と同時に、3件の意匠権も公開されています。Appleが新たに取得した意匠権には、iPad Pro(2018)、Apple 中街大悦城のデザイン、App Clipのロゴが含まれます。
 

 

 
 
Source:Patently Apple
(lexi)