来週は一気に晩秋の涼しさ
北日本に低温に関する早期天候情報

2022/09/29 17:14 ウェザーニュース

明日で9月も終わりです。関東以西ではまだ30℃前後まで上がる日があり、この週末も汗ばむ陽気の所が多くなります。ただ、来週は晩秋の空気が流れ込んで、一気に気温が下がる見込みです。

寒冷前線が通過し空気が入れ替わる

来週の10月4日(火)頃、日本付近を寒冷前線が通過する予想となっています。

寒冷前線の南側には夏の名残の暖かな空気、北側には晩秋の冷たい空気が広がっていて、温度差によって前線周辺では雨雲が発達しやすくなる見込みです。北日本や日本海側では局地的な強い雨や雷雨の可能性があります。

前線が通過した後には冷たい空気が北日本を中心に流れ込み、北海道は上空1500m付近で0℃以下の空気に覆われます。山で降水があれば雪になるくらいで、大雪山系旭岳などでは初冠雪があるかもしれません。

北日本や北陸は平年より低い日が続く予想

一気に冷たい空気が流れ込んでくるため、気温変化が大きくなります。この先の予想最高気温を見ると、札幌市は週末に25℃を超えた後、4日(火)から5日(水)にかけてぐっと下がり、昼間でも15℃に届かない日がある見込みです。

東京都心も4日(火)に30℃近い暑さになった後、5日(水)は23℃、6日(木)は19℃と2日で10℃前後下がる予想となっています。

北日本や北陸は10月5日(水)頃からの5日間の平均気温が平年よりかなり低くなる可能性が高いとして、低温に関する早期天候情報が発表されました。大きな気温変化で体調を崩さないよう、週末のうちに衣替えなどの準備を進めてください。