台風が多かった9月 週末や三連休のたびに影響<台風カレンダー>

2022/09/29 16:20 ウェザーニュース

昨日28日(水)21時、南大東島の南で台風18号(ロウキー)が発生しました。今月に入って7つ目の台風発生です。

もともと9月は平年でも5個の台風が発生する台風シーズンですが、今年は平年以上の発生数で、台風がとても多い印象となっています。

台風なしはわずか3日間だけ

9月に発生、あるいは8月から存在していた台風をカレンダー形式でまとめてみると、この9月がいかに台風が多かったかがわかります。

台風がなかった日は、今日29日(木)の時点で7日(水)、21日(水)、22日(木)のわずか3日だけ。ほぼ毎日、どこかしらに台風があったことになります。

特に印象深いのは、土日や祝日への台風の影響です。今月、日本に大きな影響を及ぼした台風11号、台風12号、台風14号、台風15号は、いずれも土日や祝日に日本に接近・上陸をしていました。このため、休みになるたびに台風の影響を受けた印象が強いのではないでしょうか。

台風18号の進路予想

今回新たに発生した台風18号は、今日大東島地方に接近したあと、高気圧に進路を阻まれるため、10月最初の土日は日本の南を離れて進む予想となっています。予報円が大きく、進路はまだはっきりとしていません。今後の情報を確認するようにしてください。