「息子が運ばれた時、私も救急車に乗り込みました。看護師として救急救命センターで働いていたことがあるんです。そのため、救命を手伝いました。『血管確保』と言われて、その後手を握ったんですが、もう冷たかったです。

【写真】14歳で自らの命を絶ったヨウヘイさん

 無理だなとは思いつつも、何度も血管を確保しました。カウンターショックも何度もかけました。でも、手と足がうねるだけで、何も動かなかったんです。病院では『もうこれ以上の措置は難しいです』と言われました。これって、自分が仕事でいつも患者さんの遺族に話していること。夢なんじゃないかって思いました……」(母親)

 2012年10月29日午後7時20分ごろ、広島県東広島市内の公園で、市立中2年の男子生徒・ヨウヘイさん(仮名、享年14)が首を吊った状態で見つかり、救急車で病院に搬送されたが、死亡が確認された。警察は自殺と判断した。

 この問題をめぐって、遺族は東広島市に対して、生徒が自殺したのは教師の不適切な指導が原因だとして損害賠償を求めている。

17時30分完全下校のはずなのに帰ってこない

 裁判の過程では、学校側が自殺後の生徒アンケートを開示しなかったことで、本裁判とは別に文書提示の裁判が行われた。最高裁で遺族側の勝訴が確定し、市側がアンケートを開示した。その後に本裁判が再開した。自殺から10年が経とうとするなか、2022年8月、ようやく証人尋問が行われた。ただし、出廷が予定されていた担任は、精神的負荷を理由に尋問を欠席した。9月30日には、遺族の尋問が行われる。

 ヨウヘイさんが亡くなった当日、父親(53)は仕事が休みだった。母親(57)は、家族が入院していた病院から帰宅していた。17時ごろ、近くにある中学校から帰宅する生徒たちが自宅の窓から見えた。しかし、ヨウヘイさんの姿はない。18時過ぎに夫婦で「遅いね」という会話があったのを覚えている。

「17時30分には完全下校のはずなんですが、今まで連絡もなく遅くなることはなかったんです。学校は歩いてすぐの場所。そのため、私は歩いていったん学校へ行ったものの、見つけることができませんでした。(ヨウヘイさんが所属していた)野球部が練習しているグラウンドも暗く、『もしかしたら、すれ違ったのか?』と思って、自宅に戻りました」(母親)


ヨウヘイさんが通っていた学校

公園の木にロープで首を吊っている状態で発見される

 しかし、ヨウヘイさんはまだ帰宅していない。両親は車で探したが、ヨウヘイさんの友人宅でバットを振っている中学生の姿が見えた。ヨウヘイさんかと思って声をかけたが、違った。その代わり、「きょう、指導されていたかもしれん」と聞き、両親は再度、学校へ向かった。職員室で母親は焦りを隠さずに「うちの子が帰っていない。どこにおるんですか?」と、野球部のコーチをしていた非常勤講師のYに聞いた。すると、Yは「公園で、一人で考え込んでいるんじゃないですか?」と答えた。

「そんなことを言われたので、『もういいです。私らで探します』と言ったんです。そんなやりとりを聞いていた教頭先生が出てきて、『そういうわけにはいきません。3班に分かれて探します』と言いました。周囲には小さい公園が10ヶ所くらいあります。そこを手当たり次第探すことになりました」(同)

 しばらくすると、学校から母親の携帯に「大変なことになっています。今、救急車が行きましたから」という電話があった。ヨウヘイさんが自殺を試みたことがわかった。ただし、学校は当初、具体的な場所を把握していない。

「救急車も場所がわからないでいました。その後、10分か15分してようやく見つけたのです。どうやら、発見したとき、木にかけたロープで首を吊っている状態だったのですが、その状況を救急にちゃんと伝えていませんでした。電話をした後もそのままにしていたんです。1分1秒を争います。(住宅地内の公園だったので)近所の人に道具を借りてロープを切ることもできたはずですが……」(同)

 公園は小さい頃、よく遊んでいた場所だったという。

通夜や葬儀の際、学校側の参列を断っていたが…

「使用した木は小さい頃、よく登った木でした。練習着で学校からそのまま帰宅することになっていましたが、その練習着のままでした。それにその日に初めての靴を履いていました。その近くにカバンや帽子が落ちていました。使ったロープは、野球部が倉庫として使っているコンテナの中にあったネット補修用のものでした」(父親)

 ヨウヘイさんの発見前に「指導があった」ことを聞いていた両親は、その指導が原因ではないかと当初から思っていた。そのため、通夜や葬儀の際、学校側の参列を断っていた。

「ただ、断っていたのに、教育長が入ってきたのです。『誰かのお父さんかな?』と思いましたが、記帳の内容を見てわかりました。このとき、教育長は『調査はもう終わった。裁判でもなんでもどうぞ』と、親族に言ったようですが、のちに確認したところ発言を否定しました」(同)

 ヨウヘイさんの自殺をめぐっては、市側が12年12月5日、調査委員会を設置した。13年6月10日、調査報告書案を遺族に提出した。案では「事情等が複雑に関係しており、その一部だけが決定的要因になったと特定することは困難」とする一方、「自殺の発生が一連の指導と関連性を有するのは明らか」というものだった。

文書提示命令の申し立てが確定後、ようやく資料の一部が開示

 遺族は事実経過をはっきりさせることなどの改善を要望した。しかし、調査委は、根拠や過程を示すなどの説明義務がないし、遺族はその請求権がないとして、要望は受け入れられなかった。遺族は調査委の報告書を不服として、12年8月、東広島市長に再調査を要望する手紙を出した。また文部科学省へ陳情した。市議会にも陳情し、市議会文教厚生委員会に参考人として出席した。陳情による再調査は不採択になった。

 また、生徒指導が問題となっているものの、いじめ防止対策推進法に準じた再調査の請願書を市議会に提出したが、やはり不採択となった。

 そのため、遺族は15年4月8日、証拠保全を行い、6月11日に提訴した。提訴から7年、ヨウヘイさんが死亡してからは約10年が経つ22年8月、ようやく証人尋問になった。

 時間が長引いたのには理由がある。裁判で東広島市が提出した証拠は、調査委の報告書と、ヨウヘイさんの野球ノートの写しの1ページ、関係した教員4人の陳述書のみで、その他の証拠の提出を拒んだ。そのため、本裁判とは別に、証拠保全の申し立てや個人情報不開示処分取消請求、文書提示命令の申し立てなどをおこなっていたのだ。そして21年6月3日、文書提示命令の申し立てが最高裁で確定。資料の一部がようやく開示された。

 争点となっている指導は2回。12年10月5日と10月24日だった。ただし、1年次に行われた指導も影響している。

7時間に及ぶ指導と終わらない反省文

 1年次の11年11月4日、ヨウヘイさんは教諭への暴言を書いたとして、別室で個別指導が行われる第3段階の特別指導の対象になった。総合学習の時間に「最近、カメムシが増えて洗濯物につく」「ぶっ殺す」などとアンケートに書いていた。どうしてこれが「暴言」となるのか。

「自宅付近ではカメムシが発生していたんです。そのことだと思うのですが、生徒の間で『カメ』と言われていた先生がいたようです。アンケートに書いたことがその先生に対する暴言で、問題行動とされたのです。息子は先生に対する暴言とは認めなかったようで、別室で7時間も、事実確認をされたようです。

 その日の18時ごろに学校から電話があり、『指導室に入ってもらうことになる』とのこと。私は学校へ行き、指導室へ行きました。入ると板の衝立で仕切りがされ、少し狭くなっていました。そこで、指導主事の先生が、学校の規定に反するとして、“判決”のようなものを読み上げたのです。そして、『明日から特別指導を始める』と言っていました。ちなみに、問題となったアンケートは、息子が亡くなったあとに見せられました」(母親)

 このときの指導は7時間にも及んだ。そして、反省文は10枚以上書くことになった。

「反省文を1枚、後日さらに10枚書いているんですよ。校長先生がいいって言うまで、終わらないんです」(父親)

掃除の分担時に発生した“ほうき事件”

 ただし、設置された「東広島市立中学校における生徒の死亡にかかる調査委員会」の報告書では、「約1年後に起こる自殺との直接的な関連性を認めることは困難」とされ、この指導は検討対象から除外されている。

 2年生になって指導対象になったのは2回。学校の「生徒指導規定」では第3段階の特別指導が行われると、最低でも1年間は指導対象だ。その指導期間が終わる前に、2度の指導を受けた。

 調査委で指摘された1回目の指導は12年10月5日、文化祭の準備に関連し、数学の女性教諭と野球部員、女子テニス部員が2年生の教室と廊下の掃除を担当することになった。教諭は、クラスごとに一列に並ぶように指示した。人数調整後に、掃除の分担について説明した。このときに“ほうき事件”が起きる。

 この女性教諭は前任校では大きな声で厳しい指導をしていた。触法行為と嘘、いじめは同じと考えて指導するのが信条だった。「自分の中では、(どんな意図があったとしても)嘘はいけないこと」と尋問で答えた。

ほうきを壊したことについて、ヨウヘイさんと母親は教頭に謝罪

 掃除の説明時、生徒たちは体育座りになったが、友人Bの足がヨウヘイさんのお尻にあたった。調査委や市側の主張では、ヨウヘイさんもBも笑ったことになっている。尋問で裁判長は「ヨウヘイさんが笑ったのを見たのか?」と質すと、女性教諭は「笑い声の方向を見るとヨウヘイさんとBの2人がいた」と証言した。「笑い声の方向に2人がいた」と「2人が笑った」ではニュアンスが違うが、女性教諭は当時、2人が笑ったと断定した。

 確認すると、Bは笑ったことを認めたが、ヨウヘイさんはなかなか認めず、女性教諭は「誤魔化しているように見えた」と尋問で答えた。その後、2人を集団から外した後、女性教諭はBには掃除に行かせ、ヨウヘイさんに対し、「掃除をせずに部活動へ行くように」と指示した。

 ヨウヘイさんは女性教諭が去った後、持っていた2本のほうきを折ってしまった。調査委報告書では「投げつけた」となっているが、母親によると、両手で持っていたほうきを「床に叩きつけた」という。「やばい」と思ったヨウヘイさんは、ほうきをガムテープで巻いて教室の掃除ロッカーに入れた。翌日、教室と図書室のほうきを入れ替えた。このほうきを壊したことが10月24日に発覚する。これが“ほうき事件”だ。ヨウヘイさんは母親と共に教頭に謝罪した。

アンシングの準備を忘れ、非常勤講師に叱責される

 この件について生徒指導主事の教員は「暴力行為(器物損壊)に当てはまる」として、指導を進言した。しかし、これまでにも指導がされたこと、別室指導に値しないくらいヨウヘイさんが反省していることをふまえ、教頭の判断でこの日は特別指導をしていない。ただ、25日になって、「自分を振り返るのは必要」として、相談室で反省文を書かせている。

 指導対象になったことだけで心理的な負荷がかかったわけではない。実は、ヨウヘイさんは野球部のエースとして背番号「1」を背負うはずだった。小学校の頃、ソフトボール部で県大会3位と活躍していた。しかし、野球部には17人しかいないが、10月26日、受け取った背番号は「18」だった。

 ヨウヘイさんは野球ノートに「学校生活のことでチームに迷惑をかけた。それでも、チームは、ぼくに背番号をくれて、練習をして、試合にもださしてくれた。チームに感謝しなければならない。その感謝は、これからの学校生活や部活で示して行こうと思う」と書いていた。

 翌日の県議長杯の大会では、18番をつけたヨウヘイさんが2試合目に先発投手として出場した。ただし、「18」を渡されてエースとして見られていないと思ったのか、肩を冷やすためのアイシングの準備を忘れた。それによってコーチをしていた非常勤講師に叱責されることになる。

指導中に指導者が机を蹴っていたのを野球部員が目撃

「もちろん、『1』はヨウヘイさんしかいないが、罰ではなく、『1』を空けたままにした。ヨウヘイさんは『18』の背番号になったが、ショックを受けたとは思う。ただし、『18』になった理由は説明していません」(非常勤講師)

 10月29日には、“カボチャ事件”が起きる。午後3時15分ころ。ヨウヘイさんは友人とカボチャで遊んでいた。前回指導した女性教諭が廊下の真ん中に美術の授業で使うカボチャが置かれているのを見つけた。担任ではないものの、叱責した。ヨウヘイさんは「やばい」とずっと言っていたといい、掃除後に生活ノートを書くとき、机にうつぶせてになっていた。友人が近づくと、泣いているのがわかり、ヨウヘイさんは「死んだほうがいいんかねぇ」と言っていたという。

 カボチャをみつけた女性教諭は担任に連絡。野球部の指導者である非常勤講師にもこのことを伝えた。担任はホームルーム後に面談する。担任はヨウヘイさんが涙ぐんでいるのを確認した。さらに、部活中に、指導者がヨウヘイさんを呼び出し、カボチャの件で指導した。

 野球部員は、指導中に指導者が机を蹴っていたのを目撃しているが、尋問では指導者は「覚えていない」と話した。ただ、「学校生活が変わっていないなら、部活をする資格がない」「練習せずに帰れ」などと言ったことは認めた。「帰れ」と言う指導は、他の部員に対しても行っていたが、ヨウヘイさん以外は、反省が見えた場合にはグラウンドに戻した。しかし、ヨウヘイさんも同じく反省の言葉を述べたものの、グラウンドに戻すことはなかった。

「ほうき事件のことが頭にあったので、『学校生活が変わっていないなら部活をする資格はない』などと言いました。『家に帰れ』と言ったら時間をおいて、『戻してください』と言いにきた。それまで私の横にいて、一緒に練習を見ていました。反省している様子でした」(非常勤講師、証人尋問)

「指導死」は全国で発生している

 “カボチャ事件”のことは、職員室で教頭かも指導されたことで終わっているはずだった。そのことを反対尋問で聞かれると、非常勤講師は次のように答えた。

「スポーツをする上で集団に対する影響を考えていました。(教頭からの指導に続いて)同じことでくり返し指導を受けることになりますが、心理的に過剰な負担になることはありません。『帰れ』という指導は、辛いことだから効果がある。起きたことに対して反省してから参加してほしい気持ちでした」

 ヨウヘイさんは、それまで指導者のそばで練習を見ていたときもあったが、部の倉庫として使っているコンテナ内に一人で入った。被告側の主張によると、午後5時15分ころ、野球部の顧問がグラウンドにきたため、指導者の非常勤講師は指導した内容を説明。ヨウヘイさんの話を聞くように依頼したという。顧問が部の倉庫へ行くと、ヨウヘイさんは補修用のネットのロープをいじっていた。

 1年前から続く指導対象だったことに加え、“ほうき事件”による指導と反省文、背番号が「18」になったこと、そして“カボチャ事件”……。ヨウヘイさんにとっては理不尽と思える出来事が続いた。生活指導と部活動の指導を連動させられていた。

 部活動で指導したのは非常勤講師。担任ではない数学の教師との事実上の連動(同教師は非常勤講師との連携を否定し、連絡しただけと主張)はあったものの、管理職には伝えていない。つまりは、組織的な指導ではないということになる。

 教師による不適切な指導を原因とする自死、いわゆる「指導死」は全国で発生している。果たして本件も「指導死」と認められるのか。9月30日には両親の尋問があり、裁判はようやく終結に向かう。

写真=渋井哲也

(渋井 哲也)