大阪の下町・天王寺から2kmほど離れた、築約50年の古ぼけたマンションの最上階の一室。50代の男が住むこの部屋に警察官が足を踏み入れると、部屋の中には360着もの色とりどりの雨がっぱが所狭しと敷きつめられていた。雨と共に染み込んだ女性の汗の臭いを嗅いで悦に入っていたという、雨がっぱコレクターの素顔とは――。

【画像】「かっぱ男」伊田容疑者の自宅ベランダ。雨の日の翌日は数着のかっぱが干されていたことも

雨がっぱを盗む理由は「下着と一緒」「捕まるリスクは少ない」

 女性用の雨がっぱを繰り返し盗んだとして、大阪府警阿倍野署は9月22日、窃盗などの疑いで新聞配達員の依田淑雄容疑者(51)を逮捕、送検したと発表した。


押収された「かっぱ男」の戦利品(関西テレビニュースより)

 2013年から2022年5月にかけ、大阪市内の駐輪場に停めてある自転車のカゴなどから、女性用の雨がっぱを盗んだ容疑がかかっている。犯行は常習的で、確認されているだけでもこれまでに115件の犯行に及んだ可能性があるという。全国紙社会部記者が解説する。

「依田容疑者は『雨がっぱを着ている女性を見た時に、女性が下着を着ているのを見るのと同じような興奮を覚えた。雨がっぱは肌にくっつくので下着と一緒という感覚。ビビッときた』と動機を語っているそうです。既に時効を迎え、捜査の対象にはならなかったのですが、本人の供述では2009年ごろから窃盗を繰り返していたといいます。当然、下着も好きだったようで、警察の捜査では、雨がっぱだけではなく、女性用の下着が入ったカバンを盗んでいたことも確認されています」

 下着ドロに徹するのではなく、雨がっぱに目をつけた理由を依田容疑者はこうも語っているという。

「雨がっぱを盗むぐらいなら下着と違って怪しまれない。被害届を出さないだろうから、捕まるリスクは少ないと思った」

 計算ずくの犯行のように思えるが、下着の代替として雨がっぱならなんでもよかったわけではない。コレクターとしての強いこだわりもあったようだ。

「依田容疑者は気に入ったメーカーがあったと話していて、例えば360点のうち約50点は同じカーキ色の雨がっぱでした。子供用のシートを設置した自転車に干して乾かしている雨がっぱを盗むだけではなく、女の人が自分好みの雨がっぱを着ているのを見かけると、後ろからつけ回して、脱いで自転車のカゴに干すのを見届けたうえで、盗むこともあったといいます。そうして築いたコレクションは、自宅で綺麗に畳んでしまっていたようです」(前出・全国紙社会部記者)

 大阪府警では依田容疑者のことを「かっぱ男」と独特のあだ名で呼びマークしていた。だが、近隣住民にとって依田容疑者の印象はかなり薄かったようで、「静かな人」「すれ違っても挨拶もしたことがない」と評している。それでも雨が降った日の翌日、数着の雨がっぱが容疑者の部屋のベランダに干されている光景を覚えている住民もいた。

大胆な盗みの手口

 そんな物静かで目立たぬ生活を送るのとは裏腹に、盗みの手口は大胆だった。窃盗被害は大阪市内だけでなくお隣の東大阪市など広範囲に及び、大阪府警も相当手を焼いたという。盗難被害が発生した駐輪場の管理者が話す。

「阿倍野周辺ではかなり広範囲にわたって、雨がっぱが盗まれる被害が続出していました。朝から自転車に乗ってやってきて、駐輪場の自転車をチラチラ物色して数分で出ていく怪しい男がいるなとは思っていたんです。今年に入ってから、警察官が『防犯カメラ見せてください』とある日やってきて、依田容疑者がうろつく様子を確認していました。それからは、雨の日になると、ずーっと張り込みをしていましたよ。依田容疑者は長い時には半日もの間、雨がっぱを探して自転車で大阪中を徘徊していたようです。決定的な瞬間を抑えようと、警察官も雨の中、かっぱを着込んだ依田容疑者を後ろから自転車で追い続けていたようで、『全くかないませんよ』と呆れ顔でした」

 長期間におよぶ粘り強い警察の捜査に、依田容疑者も自分が“捜査対象”になっていることを薄っすら感づいていた節もあったようだ。

「警察官から聞いた話では、依田容疑者は尾行に気づいている時もあったようで、その時は戦利品の雨がっぱを道端に捨ててまで逃げたこともあったとか。『気づかれている』とわかっていても盗みを繰り返すのですから、まさに、わかっているけどやめられない状態。雨がっぱへの執念を捨てきれない、依田容疑者の業の深さを感じますね」(同前)

「臭いを嗅ぐと興奮した」と供述する雨がっぱフェチも

 こうした雨がっぱが盗難の対象になるケースは今回が初めてではない。2016年にも千葉県で女性が着ていた雨がっぱなど計80点を盗んだ男が逮捕される事件が発生している。逮捕された男は「小さい頃から興味があって雨がっぱを見たり、臭いを嗅ぐと興奮した」と供述。依田容疑者も盗んだ雨がっぱはビニール袋の中に入れて大切に保管していたというから、雨がっぱへの執着の裏には、いびつな“コレクター魂”があるのかもしれない。

「依田容疑者と関係があるのかはわかりませんが、たまに『雨がっぱを盗まれた』と言ってくる女性利用者はいますよ。傘と同じく雨をしのぐために盗んでいるのかと思っていましたが、よく考えれば人が使った汗の臭いがする雨がっぱなんて、普通着たいと思いませんよね……。着ている女性本人としては『下着と一緒だ』なんて気持ちはないでしょうから、つい置きっぱなしにする気持ちもわかりますが、管理には気を付けてほしいと思います」(前出の駐輪場の管理者)

“フェチ”やコレクター魂は、他人に迷惑をかけない範囲で楽しんでほしい。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))