スティーヴン・スピルバーグの映画『フェイブルマンズ』自身の子供時代から着想した青春物語

写真拡大

スティーヴン・スピルバーグが監督を務める映画『フェイブルマンズ』が、2023年3月3日(金)に公開される。ミシェル・ウィリアムズが出演。

20世紀アメリカの子ども時代をパーソナルな視点で描く

映画『フェイブルマンズ』は、スティーヴン・スピルバーグが、20世紀のアメリカの子ども時代をパーソナルな視点から深く掘り下げていく作品だ。スピルバーグ自身の子ども時代にインスパイアされており、ある青年が家族の衝撃的な秘密を知ることになる青春物語が紡がれる。

ストーリーを通して観客自身や互いの真実を改めて見つめることができ、観るものに影響を与える“映画の力”を追求した作品になっているともいえる。

ミシェル・ウィリアムズら豪華キャスト

■サミー・フェイブルマン...ガブリエル・ラベル

初めて映画館を訪れて以来、映画に夢中になった少年。『ザ・プレデター』のガブリエル・ラベルが演じる。

■サミーの母...ミシェル・ウィリアムズ
出演者には、アカデミー賞に4度ノミネートされているミシェル・ウィリアムズが担当。

■サミーの父...ポール・ダノ
THE BATMAN−ザ・バットマン−』のポール・ダノが務める。

その他にも、『スティーブ・ジョブズ』のセス・ローゲンら、豪華キャストが集結。

トニー・クシュナーが共同脚本

脚本は、『エンジェルス・イン・アメリカ』、ミュージカル「Caroline, or Change」などを手がけた劇作家トニー・クシュナーとスティーヴン・スピルバーグの共同脚本となる。尚、クシュナーは、スピルバーグ監督作『リンカーン』と『ミュンヘン』でオスカーにノミネートされた経歴を持つ。

さらに、製作にはスピルバーグとクシュナーに加え、『ウエスト・サイド・ストーリー』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』のクリスティ・マコスコ・クリーガーも参加する。

トロント国際映画祭で「観客賞」受賞

『フェイブルマンズ』は、第47回トロント国際映画祭にて最高賞である観客賞を受賞。同映画祭の観客賞は、過去10年の受賞作品がもれなくアカデミー賞作品賞にノミネートされており、『フェイブルマンズ』もアカデミー賞の最有力候補に。

尚、過去にトロント国際映画祭にて観客賞を受賞した『ノマドランド』『グリーンブック』『それでも夜は明ける』はアカデミー賞作品賞の受賞まで見事に果たしている。今後の『フェイブルマンズ』の賞レースでの躍進にも注目だ。

【詳細】
映画『フェイブルマンズ』
公開日:2023年3月3日(金)
原題:THE FABELMANS
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:スティーヴン・スピルバーグ、トニー・クシュナー
出演:ミシェル・ウィリアムズ、ポール・ダノ、セス・ローゲン、ガブリエル・ラベル


【写真付きで読む】スティーヴン・スピルバーグの映画『フェイブルマンズ』自身の子供時代から着想した青春物語

外部サイト