LINEマンガとebookjapan、 8月の国内流通取引総額が過去最高となる100億円を突破

電子コミックサービス「LINEマンガ」は、ヤフーとイーブックイニシアティブジャパンが運営する電子書籍販売サービス「ebookjapan」の2つのサービスにおいて、2022年8月度の国内での流通取引総額が100億円を突破したことを発表した。両サービスの月間国内流通取引総額が100億円を突破したのは今回が初となる。

「LINEマンガ」は、8月に夏のキャンペーン「スーパー LINEマンガ タイム」を実施。『私の夫と結婚して』『喧嘩独学』『入学傭兵』といったオリジナルwebtoon作品が人気を博し取引額が増加した。また、「ebookjapan」で行われた金曜に最大50%お得になるPayPayキャンペーンも好調だったという。

両サービスは、双方において国内外のwebtoonオリジナル作品のラインナップをより一層増加しつつ、日本独自のコンテンツ制作とインディーズも含めた作家発掘に注力するとしている。

LINE Digital Frontier株式会社 共同代表 金 信培(キム・シンベ)氏コメント
「LINEマンガとebookjapan共に流通額と利用者数の側面で良い成果を記録しています。
今後も両社間のシナジーを通じ、多様なクリエイターおよび出版社、パートナーの皆様と共に、日本国内の電子コミックの生態系を拡張していきます。」

株式会社イーブックイニシアティブジャパン 代表取締役社長 高橋 将峰氏コメント
「今年は、行動制限が緩和された初めての夏休みであったが、電子コミックへの需要は引き続き強く、ebookjapan独自の強みであるグループ連携に合わせ、LINEマンガとの連携も始まり、新規ユーザー、既存ユーザーともに大きく成長させることが出来ました。今後も多くの出版社や作家とパートナー連携を強化し、読者の拡大に努めていきます。」