ヴァニラさんのインスタグラム(@vani0531)より

写真拡大

総額3億円を超える整形手術を行ったことを公表しているタレントのヴァニラさんが、2022年8月15日に公開された「ドクターA」こと医師の東京美容外科統括部長の麻生泰氏のYouTubeチャンネルに出演し、整形を続ける理由などを語った。

ヴァニラさんは「フランス人形になりたい」という願望を公言し、それを叶えるために整形を繰り返していることを明かしている。

「どうせフランス人形になれることはない」

麻生氏の動画の「天の声」によると、麻生氏は患者に「整形の卒業証書」を渡すことがあるという。その理由について麻生氏は、「期待に応えられないから」という想いを明かした。

そんな麻生氏から見たヴァニラさんは、止めても他の病院で施術を受けてしまうタイプ、だという。

その理由についてヴァニラさんは「私の中のフランス人形像がどうしてもあって、どんどんそこに近づいていきたいという思いがある」と告白。「どうせフランス人形になれることはない、それを分かっててやってる」と話したものの、「でも近づけるならどこまでも近づきたい」と明かした。

こうしたヴァニラさんの姿勢に、麻生氏は「これ以上やっていくという事を止める人っていうのが必要なんじゃないかと思う」と指摘。これを聞いたヴァニラさんは、「それ以上やるとマイナスにしかならないとかそういうこと言われたらやらないし、やればいいとは思ってないです」と説明。そのうえで、

「ただやりたいとかじゃないんですよ、本当に。整形しないと落ち着かないとか、そういう変な異常な事はなくて...。まだできる範囲であれば、もうちょっとこうしたいなっていうのをできる先生を探している感じです」

と自分の思いを語った。

麻生氏に対しては、「あんま(整形)卒業とか言わないでください」と笑いながらお願いしていた。