にらはシャキシャキ、卵はふんわり「にら玉炒め」/(C)食事処さくら

写真拡大

「いつものごはんがひと手間で美味しくなる」をテーマにレシピ動画を発信し続ける、料理系YouTuberの食事処さくらさん。ていねいかつ優しすぎる説明で登録者30万人超えの彼が提案するのは、いつもと同じ材料なのに、ほんのひと手間でお家の味を格上げできる「魔法のコツ」!

【画像で作り方を確認】炒め物は時間との勝負!準備を入念に

誰でも真似ができる再現性の高い構成で、美味しさへの最短近道になる、目からウロコのテクニックの数々。いつまでたってもイマイチだった家の味が、ついにキマるかも!?

〜〜〜

■にらはシャキシャキ、卵はふんわり

にら玉炒め

にらは水に10分つければ驚くほどシャキシャキに!

■◆材料 2人分

にら 1束 

長ねぎ 1/2本→斜めに7〜8mm厚さに切る

卵 3個

豚こま切れ肉 150g→食べやすく切る

砂糖 二つまみ

水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1+水小さじ2

A

・塩 一つまみ

・酒 大さじ1/2

・片栗粉 小さじ1/2

B

・しょうゆ、酒 各大さじ1

・オイスターソース、砂糖 各小さじ1

・鶏がらスープの素(顆粒) 小さじ1/2

油 適量

■◆作り方

1 野菜の下ごしらえ

にらは3〜4cm長さに切り分ける。サラダスピナーのざるに入れてたっぷりの水に浸し、キッチンペーパーで落としぶたをして10分おき、水気をしっかりきる。

【魔法のコツ】

にらは水につけることで水分がめぐり、シャキシャキ感が復活します。この後水気をきることも大事。たれが薄まって全体が汁っぽくならないためです。サラダスピナーがない場合はざるで水気を切り、キッチンペーパーでしっかりふき取って。

2 卵をほぐし、肉に下味をつける

卵と砂糖をボウルに入れて溶きほぐし、水溶き片栗粉を加えて混ぜる。豚肉はAをもみ込む。Bは混ぜ合わせる。

・卵に水溶き片栗粉を加えると水分が逃げにくく、ふんわり仕上がる。

3 卵を炒める

火加減:弱めの中火→止める

フライパンに油大さじ1/2を弱めの中火で熱し、2の卵液を加えてへらで混ぜながら半熟状に火を通し、取り出す。

・最後にフライパンに戻す時にも火が入るので、ここでは半熟状でOK。

4 肉、野菜を炒める

火加減:弱めの中火→止める

3のフライパンに油小さじ1を弱めの中火で熱し、2の豚肉を炒める。焼き色がつき、ほんのりピンク色の部分が残る程度で、卵とは別のバットに取り出す。続けて油小さじ1を足し、1とねぎをさっと炒めて豚肉と同じバットに取り出す。

5 調味する

火加減:弱火→止める

4のフライパンにBを入れ、余熱で煮立ったところに4を戻して弱火でざっと混ぜ合わせる。3を戻し入れ、へらで切るように手早く混ぜる。

炒め物は時間との勝負。調理中にもたつくと食材にどんどん火が入ってしまいます。調味料を混ぜておく、同時に入れる食材はまとめるなど、準備を入念に。

■レシピを参考にするときは

・電子レンジは600Wを基準に加熱時間を出しています。お使いの機種の出力によって時間を調節してください。

・油は特に表記がない場合、植物油を表します。

・常備菜やドレッシングの保存期間は、清潔な箸やスプーンを使って冷蔵庫で保存した場合の目安です。

・野菜類は、特に記載がない場合、洗う、皮をむくなど、魚は鱗や骨が残ってないかを確認するなどの作業を済ませてからの手順を説明しています。

・めんつゆは4倍濃縮のものを使っています。お使いのめんつゆが2倍濃縮なら2倍、3倍濃縮なら1.5倍に量を増やしてください。

〜〜〜

「やっぱり家のごはんが一番」と言われたい人、必見のレシピです。ぜひお試しを!

※本記事は食事処さくら著の書籍『ごはん作りが最短で上達する 魔法のコツレシピ』から一部抜粋・編集しました

作=食事処さくら