麻宮葵役となった平手友梨奈さん(撮影・18年2月)

写真拡大

人気韓国ドラマ「梨泰院クラス」のリメークとして制作・放映中の、「六本木クラス」(テレビ朝日系)。2022年8月18日には、第7話が放送される。

初回以降、視聴率で苦戦を強いられていた。だがインターネット配信では、徐々に支持が伸びているようだ。有料配信サービス「ネットフリックス」の週間ランキングに、4週連続ランクインしている。

2、3話で視聴率下落も4話で上昇

「梨泰院クラス」の日本版制作が発表された2022年3月24日以降、ツイッター上では期待する声とともに、リメークを不安視する投稿も多く見られた。配役への心配や、「本家」との話数の違いから話が削られることへの不安などだ。

ウェブメディア「モデルプレス」の7月9日付記事によると、「梨泰院クラス」原作者・チョ・グァンジンさんも「第1話を見る前は多くの心配がありました」という。

7月7日に第1話が放送された、「六本木クラス」。初回の番組平均個人視聴率は5.2%、番組平均世帯視聴率は9.6%(7月4〜10日・関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。ネット配信では、Tverのニュースサイト「TVerプラス」が、見逃し配信の再生回数(TVer、ABEMA、テレ朝動画、GYAO!合計値、テレビ朝日調べ)について7月7日夜から12日までで、241万回を突破したと報じた。

しかし、オリコンニュースの8月11日付記事によると、2、3話と視聴率は落ち、4話で上昇、5話で初回とほぼ同じ視聴率まで回復したと伝えている。

平手友梨奈さんの演技を評価

一方、ネットフリックスではどうか。

「六本木クラス」の放送に合わせてか、原作にも注目が集まり、「梨泰院クラス」が日本版週間ランキング(7月4〜10日)・テレビ番組部門で1位を記録していた。

「六本木クラス」もネットフリックスで配信していたが、この週は圏外。しかし、初放送から2週後の7月18〜24日の週間ランキングに、9位とトップテン入りを果たす。その後も6位(7月25〜31日)、5位(8月1〜7日)と着実に順位を上げ、8月8〜14日の最新ランキングでも5位をキープしている。

ツイッター上では最近、放送前に比べ批判の声は少なくなったようだ。麻宮葵を演じる平手友梨奈さんの演技を評価する声もある。

さて、先述の「モデルプレス」7月9日付記事で、放送開始前の心配を明かしていたチョさんのコメントには、続きがある。1話を見終えて、「見応えがあり、テンポの良さがとてもうまく生かされていました」、「韓国版のコピーではなく、日本の新しいドラマとしてとても面白かったです」と、絶賛していたのだった。