「eJリーグ eFootball」2022シーズンの開催が発表!賞金総額は過去最高の2,000万円

写真拡大

JリーグとKONAMIは9日、9月5日から「eJリーグ eFootball 2022シーズン」を共同開催することを発表した。

この取り組みは、“もっとも身近なデバイスであるスマートフォンを活用したeスポーツを通して新しいサッカーの楽しみ方を提供し、サッカーファンの拡大を目指す”という目的のもと、2019年から共同で実施しているもの。

「eJリーグ eFootball 2022シーズン」は初心者から上級者まで幅広く参加できる大会をコンセプトとしており、『eFootball』シリーズを競技タイトルに、J1・J2の全40クラブが代表メンバーを選出して行うクラブ対抗戦だ。

今シーズンからはモバイル部門に加え、新たにPlayStation部門を追加。

幅広い世代に参加できるよう、各クラブのメンバーは「モバイル部門 18歳以下」「モバイル部門全年齢」「PlayStation部門 全年齢」のプラットフォーム別・年齢別の3選手で構成されることになった。

各クラブには成績順位に応じて賞金が用意され、今シーズンの総額はなんと過去最高額となる2,000万円!

大会にあわせたスタジアムでのイベントやゲーム内キャンペーンのほか、Jクラブサポーターを含めたさらなる盛り上がりを目指し、参加クラブ別のゴール数を競う「ゴール争奪戦」を新設するなど、新たな取り組みも行われる予定だという。

大会の詳細はこちらから。

【関連記事】「必然だった監督交代。鹿島アントラーズと岩政監督に迷いはない。」

公式サイトもすでに公開されており、9月5日(月)からオンライン予選の開始と同時にエントリーも開始される。