星野源が、8月16日放送の『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送ほか)で、新型コロナウイルス感染での療養中に起きたアクシデントを語った。

 星野は、7月26日の同番組放送終了後、違和感を感じてその後、陽性と判明。自宅では妻の新垣結衣とは「文字でやり取り」していたという。

 自宅療養期間でいちばん大変だったのは「のどの痛みがピークだったとき」に、トイレが詰まるというアクシデントがあったことだった。

 星野は「スッポンがないわけ」と、便器が詰まった際に使う「ラバーカップ」がなかったことを報告。

 熱で意識が朦朧とする中で「考えろ、俺」と思案し「業者さんに来てもらうわけにもいかないし、結衣さんに頼むわけにもいかない」と、自らの“左手”を使うことを決断した。

「(結婚)指輪を外して『いくぞ!』と。とにかくテンションをあげて、手を奥に入れて、詰まっているものを取ろうと思って」と手を突っ込むと、そこにはトイレットペーパーの塊があり、懸命に引き出したという。

「もう、汗だくで。あれがいちばん辛かったし、パニックになった」と、笑って振り返っていた。

 星野の話に、SNSでは大きな反響が寄せられた。

《療養期間中の 星野源のトイレ事件 笑っちゃった ちゃんと指輪を外して 突っ込んだって所に愛を感じた》

《左手を使うという発想に至らないよ普通 さすが星野源(笑) 指輪をはずして…にキュン》

《トイレを詰まらせて頭抱えた のちに結婚指輪を外して左手で 窮地を脱出した #星野源 が 愛しすぎてたまらないんですけど…》

「星野さんは番組内で、妻の新垣さんにうつさないようにと、徹底して対策をしたことについて『今、できることを全部しよう、と。打倒、新型コロナウイルスということで“ラジャー!”という感じになって』と回想していました。

『彼女の検査も、その日は陰性だったんですけど、一緒に住んでいるから絶対にうつっちゃうだろうなって思ったけど。とにかく、思いつく限りのことをやったら、最後までうつらなかったんですよ。とにかくホッとしました』と安堵したそうです」(芸能ライター)

 夫婦の絆で、コロナを乗り越えたのだ。