浦和レッズは17日、浦和レッズユース所属のMF堀内陽太(18)が、2023シーズンからトップチームに昇格することが内定したと発表した。

 堀内は大宮FC七里スポーツ少年団、クラブ与野を経て浦和ユースに加入すると、1年時から出場機会をつかみ、昨年には主力へ定着。3年生となった今年は10番とキャプテンを託されている。

 加入内定にあたり、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。

「このたび、浦和レッズトップチームに昇格させていただくことになった、堀内陽太です。まず、これまでずっと支えてきてくれた家族、指導していただいたスタッフの方々、仲間、友人、関わってくれた全ての方々に感謝の気持ちを伝えたいです。自分1人だけではここまでやってくることはできませんでした。心から感謝しています」

「プロサッカー選手になることを1つの目標としてやってきましたが、ようやくここで自分の夢へのスタートラインに立てたと思っています。常日頃から自分のできる最大限のことをやっていき、日々成長していきます」

「少しでも早く試合に出て定着し、浦和レッズを勝たせることのできる選手に、そして海外でも活躍していける選手になりたいと思います。自分の中心に置いている『人間性』という部分をこれからも大事にして向上心を持ち、全力でプレーしていきます。これからよろしくお願いします」

以下、クラブ発表プロフィール

●MF堀内陽太

(ほりうち・ようた)

■生年月日

2004年7月8日(18歳)

■出身地

埼玉県

■身長/体重

171cm/66kg

■経歴

大宮FC七里スポーツ少年団-クラブ与野-浦和ユース