食材の仕入価格が上昇して (写真はイメージ)

写真拡大

関東で展開する回転すしチェーン「すし銚子丸」が、2022年9月16日から各店の皿価格の一部を引き上げる。運営会社の銚子丸が8月16日、石田満社長名で発表した。

2021年12月16日にも皿価格変更を実施しており、1年以内で2回目の値上げだ。

食材の仕入価格上昇

発表によると、円安傾向や水産資源の減少を背景とした主力食材の仕入価格上昇などに伴い、「『鮮度』『ネタのボリューム』『お得感』を堅持」するべく値上げするという。

各皿の価格ラインは税込(以下、同)で、次の通り改定となる。

143円→154円
198円→209円
297円→308円
363円→396円
495円→528円
638円→726円

上記以外の商品価格についても、変更が生じるという。

前回は食材高騰と人件費増大予想で

すし銚子丸では21年11月15日にも、食材高騰や新型コロナウイルス禍沈静化後の人件費増大予想を理由に値上げを発表した。12月16日から、各皿の値段は以下のようになった。

143円→変更なし
198円→変更なし
275円→297円
330円→363円
462円→495円
638円→変更なし

前回は据え置きだった143円、198円、638円の皿も、22年9月16日の変更で値上げ対象に含まれる。姉妹ブランド「すし銚子丸 雅」についても価格改定が発表されており、9月16日から143円の皿は154円に、660円の皿は704円となる。