暑い季節もピークに突入! お出かけ先でつい食べたくなってしまう「サーティワン アイスクリーム」。暑くてヘトヘトになったときに、とびっきり美味しいのがこのアイスクリーム。

1日1個以上食べるほどのアイス好きが高じて、アイスのアカウント「fuuka_to_ice」を作るほど、アイス好きのモデル名和風歌さん(fuuka_nw)。連載の今回の舞台となるのは、このサーティワン アイスクリームの本社が舞台に。

来年で日本上陸50周年を迎えるサーティワン アイスクリーム。PR担当者さんに、新作フレーバーの開発秘話やトリビア、またこれからサーティワン アイスクリームについて取材してきました。

世界でも「サーティワン アイスクリーム」の名前は日本だけ。名前に隠された秘密

東京・目黒にあるサーティワン アイスクリーム本社へ。エントランスから定番のかわいい看板がお目見え。名和風歌さんもテンションが上がる中、実はこの「サーティワン アイスクリーム」という名称は、日本だけ。看板を見ると、そこには「バスキンロビンス」の名前が。

誕生国であるアメリカでは創業者2人の名前を取って「バスキンロビンス」と呼ばれています。日本にサーティワン アイスクリームが上陸した際、日本側の提案で、親しみやすさや覚えやすさ、そして“31日を毎日違った美味しさを楽しんで欲しい”というコンセプトから“サーティワン アイスクリーム”と名前をつけたんだとか。世界でも、日本とそして日本が管轄している台湾だけが「サーティワン」を名前に採用しているそう。

全世界で過去に開発されたフレーバーは1300種以上!? 新作フレーバーの開発はどうやって考えている?

サーティワン アイスクリームのオフィスへお伺いすると、会議室それぞれにフレーバーの名前と看板が。フレーバーすべてに「バスキンロビンス」のBRのデザインロゴを作っているんだとか。この49年、過去に作られたフレーバーは全世界1300種類以上を超えると聞いて驚き。今回、編集部と名和さんの質問に答えてくださったのはPR担当の御園生さん。明るくて、サーティワン アイスクリーム愛が止まらない御園生さんに、フレーバーの開発秘話を伺いました。

Q.これまでの数多くのフレーバーはどのように開発をしているのでしょうか?

御園生さん「もちろん開発者もいて、マーケ―ターもいて市場の動きやトレンドに合わせて開発をしています。またキャンペーンに合わせることが多く、例えば8月の新作はポケットモンスターとのキャンペーンに合わせての製品開発でした。

また季節のイベントに合わせることも多いです。ハロウィンもその一つで今年も『おかしな おかしな ハロウィ~ン』を毎年開催しています。スポーツの祭典があるときはスポーツにちなんだフレーバーにすることもあります。

またアメリカのバスキンロビンスで人気があるフレーバーを、空輸して食べて日本市場で合うかどうかも検討することもありますね。」

Q.日本市場に向けて、美味しさの軸をどこに置いていますか?

御園生さん「美味しさの軸として、一番大切にしているのは最高品質の美味しさです。安心安全な美味しさが大事で、すべて国内の工場で製造しています。

また二番目にサーティワンらしい遊び心、ネーミング。例えば『ラブポーションサーティーワン』や『ポッピングシャワー』。聞いただけでは何味がわからないワクワク感がありますよね。実はポッピングシャワーは当初は2000年を記念して販売されたこともあり『ミレニアム』というフレーバー名でした。2000年が終わって名前を弾けるポップロックシャンディが、シャワーのように降り注ぐという遊び心のあるネーミングをしました。

三番目は、サーティーワン アイスクリームでしか食べられないフレーバーを大事にしています。例えば小倉トースト。トーストをアイスクリームにしちゃおうという発想も面白いと思います。」

人気のポケットモンスター「イーブイ」の“もふあま”な美味しさ

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon

フレーバーの話を伺ったところで、ポケットモンスターのキャンペーンに合わせた新作を試食させていただきました。

まずは新作フレーバーの「イーブイのもふあまアイス」(写真左)。ポケモン「イーブイ」をイメージしたカラーで、カスタードとシュー生地風フレーバーにチョコビッツ&リボンのエクレア仕立てに。

シュー生地の香ばしさまで再現したシュー生地風味アイスクリームがたまりません。またチョコビッツが、ダークな味わいでパキパキ食感が楽しいアクセントでスプーンも止まりません。“もふあま”という商品名通り、もふっと甘さがやってくる感じがたまりません!

そして昨年の「31ポケ夏!」キャンペーンの際に好評だったフレーバー「ピカチュウ ハッピーパーティー」(写真右)。2022年は6月下旬から販売を再開したものの、“販売好評”につき店舗により在庫切れが発生するほどの人気ぶり。

サーティワン史上初の乳酸菌入りアイス(殺菌した乳酸菌を使用)となっていて、優しい甘さのヨーグルト風味アイスクリームと、さわやかなりんごソルベに、黄色いピカチュウ型のお菓子がとってもキュートです。

50周年に向けて、これからのサーティワン アイスクリームは?

Q.ザ・クラッシュソーダなど、新しいメニューがどんどん登場し、アイスクリームの枠を超える素晴らしい商品に毎回ワクワクします。これからサーティワン アイスクリームが目指していくことはどんなことでしょうか?

御園生さん「来年で日本上陸50周年を迎えます。アイスクリームだけで50年もの間、皆様に愛し続けて頂いたことは凄いことだと思っています。アイスクリームって夏の食べ物と昔から言われてきましたが、アイスクリーム一筋で店舗数もどんどん増えていって、今では全都道府県にも展開ができました。

50周年を迎えて、大事にしていきたいのは“世代を超えた喜びと美味しさ”をお届けし続けることです。例えば、サーティワン アイスクリームを子どものころに発表会や注射を我慢していったご褒美で食べた記憶etc.

そんな記憶の中で、皆さんがお子さんを持つようになってお子さんとまたご褒美として一緒に食べる、そんな世代を超えて3世代で楽しめる“とっておきの体験”をお届けできれば、とっても幸せなことです。そんなフレーバーやお店作りをこれからもしていきたいと考えています。」

名和風歌さんのサーティワン愛も凄かった

今回、ロケを大喜びで参加してくれた名和風歌さん。昼の番組にアイス好きとして出演するなど、活躍の幅を広げていて、サーティワン アイスクリームも大好きなんだとか。

名和風歌さん「家族みんながサーティワン アイスクリームが大好きで、誕生日やクリスマスの特別な時にアイスケーキを買って食べるのが定番でした。色々な味を食べたいので、アイスケーキではなくバラエティーパックにして食べる年もあるほど。

季節限定のフレーバーは、毎回通って食べています、とくに毎年2月ごろに登場する『バーガンディチェリー』というフレーバーが大好きで、毎年の楽しみにしています。学生時代や家族との時間もそうですが、サーティワン アイスクリームはたくさんの思い出がつまっています。」

今回はここまで。新作の31ポケ夏!キャンペーンのアイスクリームは、なくなり次第終了なのでお早めに。また下記キャンペーンも実施中!

about 31ポケ夏!

7月21日から8月31日までの「31ポケ夏!」開催期間中、@Twitterのサーティワン アイスクリーム公式アカウント(BR31_Icecream)をフォローし、キャンペーン商品の撮影写真にハッシュタグ「#31ポケ夏満喫チュウ」をつけて投稿することで賞品が当たる、プレゼントキャンペーンを実施中。ぜひ公式SNSアカウントをみてみてくださいね。

Photo/Ikue Takizawa Writing/Cream Taro