ヴィッセル神戸は17日、トップチーム関係者1名に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が出たことを発表した。現在は本人に発熱や体調不良などの症状はなく、適切な対策のもとで療養しているという。

 また、現時点において当該者以外で新型コロナウイルス感染症や風邪の症状などを呈している者はおらず、当該者の行動履歴からJリーグ独自の濃厚接触疑い基準により、他のトップチーム関係者に「濃厚接触者なし」と判断したことも併せて伝えた。

 クラブは今後の対応や調査結果に関し、公式サイト上で「Jリーグ及び所轄の保健所とも連携し、適切なタイミングで公表してまいります」としている。