「遊ぼ?」子どもを見つめるコタローくんとハナちゃん(画像提供:KOTSUMET)

写真拡大

 庭のプールで遊んだり、海に行ったり、キャンプで川遊びともっとも“リア充”なコツメカワウソのコタローくんとハナちゃん。2匹の日常を配信したYouTubeチャンネルは、2018年の開設以来、累計4億再生を突破。世界中から注目され、癒しを与えている。そんなかわいい2匹だが、「飼育は犬や猫よりもはるかに大変」だという。YouTubeチャンネルとはまた違ったコタローくんとハナちゃんの姿に迫るべく、飼い主のKOTSUMETさんに話を聞いた。

【画像】「コタロー顔芸の真骨頂(笑)」ジェット噴射に大興奮するコツメカワウソのコタローくん

 「目が大きく鼻ぺちゃで髭がボーボー」なのがコタローくん、「小顔でつぶらな瞳、鼻と口の下にホクロ」があるのがハナちゃんなのだという。自分を人間だと思っているコタローくんは知能が高く、好奇心旺盛で、ハナちゃんは食いしん坊な女の子。2匹の関係は「友達以上、恋人未満といった感じ」と飼い主のKOTSUMETさんは話す。

そもそもKOTSUMETさんがテレビでコツメカワウソの愛嬌たっぷりの顔とユニークな性格に惹かれたのがコタローくんとハナちゃんを飼うことになったきっかけだ。そんな2匹の1日の過ごし方を聞くと

「人間と同じように夜はしっかりと寝ます。朝起きたら朝ご飯を食べて朝風呂に入って昼寝をして、起きたらまたご飯を食べて、ジャグリングをして遊んだり、プールで泳いだり、2匹でプロレスをしたりと、寝て食べて遊ぶ、の繰り返しですね」

まさに夏休みの子どもの過ごし方だ。

「カワウソはもともととても人懐っこい性格なので、ペットというよりは人間の子どもと同じように、家族みたいな感じで接していますね」とKOTSUMETさんが話すように、人間の子どもたちと一緒になって遊んだり、KOTSUMETさんの腕の中で気持ちよさそうにブラッシングされるコタローくんとハナちゃんの様子は、動物というよりも人間の子どもそのものだ。

 とはいえ、「カワウソの飼育は犬や猫よりはるかに大変」だという。

「とても活発な動物なので、ケージに閉じ込めて放置するなんてことは絶対にできません。それなりの飼育環境が必要で、生活のほとんどがカワウソ中心になります。超寂しがり屋でイタズラ好きな性格なので、彼らが起きているときは常に私達のどちらかがそばで見ています。うちではプールやお風呂にいつでも入れる状態にしているので、タオルだけで洗濯は一日に5回以上。トイレはすぐに覚えますが、匂いが強く回数も多いので、こまめに掃除をしないとすぐに部屋がとんでもない臭いになります」

 主食であるキャットフードや魚貝などのごはん代のほかにも、水浴び好きのためベランダのプールは常時水を張っているため、「水漏れを疑われるくらいの高額な水道代の請求書が届きます」

 コツメカワウソを飼って知った驚きはそれだけではない。「ちょっと教えるだけでイスに座ってご飯を食べたり、ハイタッチやキャッチなどの芸を覚えたり、自分でドアを開けたり」と知能がとても高いのだ。やりたくないことはやらないという意思ものぞかせることもある。

 飼育は大変だが、それでもコツメカワウソの魅力のほうが勝るというKOTSUMETさん。「YouTubeでも好評だったどっちの手におもちゃが入っているかを当てる2択ゲームをやったときの、ハズレを引いて悔しがる姿は本当に人間のよう。カワウソならではのコミカルな行動や表情、リアクションがとても可愛くて面白いです」