「スター・ウォーズ」の世界観を手のひらサイズに凝縮

写真拡大

キャラクター玩具などを手がけるホットトイズジャパン(東京都渋谷区)は、映画「スター・ウォーズ」の登場メカが題材の米ジャズウェア製モデル「マイクロ・ギャラクシー」シリーズ第1弾を2022年8月下旬に発売する。

手足可動する2.5センチフィギュア付属

いずれも、同作に登場するビークルやスターシップなどを1/72の同一スケール、手のひらサイズで立体化するシリーズ。手足が可動する全高約2.5センチのフィギュアが付属し、搭乗させて楽しめる。

全長約5センチの「2インチ/スカウト・クラス ミステリー・ビークル&フィギュア シリーズ1」は、「スピーダー・バイク(エンドア)&スカウト・トルーパー」など基本の5種に、シークレット3種をラインアップする。中身の分からないブラインドボックス仕様。

価格は各800円(以下全て税込)。

全長約8センチの「3インチ/ライトアーマー・クラス シリーズ1」は、「AT-ST(ホス)」など全3種。そのままでも飾れる透明なブリスターパック仕様となっている。価格は各2400円。

「Xウイング(レッド5)」など全5種で、全長約13センチの「5インチ/スターファイター・クラス シリーズ1」(各3500円)、全長約15センチの「6インチ/トランスポート・クラス 帝国軍兵員輸送機」(4200円)。いずれもブリスターパック仕様を採用する。

全長約20センチの「8インチ/スターシップ・クラス」は、「ボバ・フェットの宇宙船」「レイザー・クレスト」「レイザー・クレスト(アーヴァラ7)」(各5800円)の全3種。そのまま飾れるウィンドウボックス仕様だ。

全長約23センチの「9インチ/アサルト・クラス ミレニアム・ファルコン」は、ライトアップやサウンドギミックを搭載する。価格は8000円。

なお、22年内に第2弾の発表も予定しているとのことだ。