マシンを点検するメルセデスAMGのメカニック(2022年6月18日撮影、資料写真)。(c)Jim WATSON / POOL / AFP

写真拡大

【AFP=時事】国際自動車連盟(FIA)は16日、2026年からフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)で導入される新パワーユニット(PU)のレギュレーションを承認したと発表した。

 FIAによれば、このレギュレーションはさらなる持続可能性を目的としており、新たなPUは電気出力を最大で50パーセント増やし、持続可能な燃料の利用率は100パーセントになるという。

 FIAのモハメド・ビン・スレイエム(Mohammed Ben Sulayem)会長は、「先進的なPU技術と持続可能な合成燃料の導入は、ロードカー利用者に利益をもたらし、2030年までに炭素排出量ネットゼロ(実質ゼロ)を達成するというわれわれの目標に合致するものだ」と発表した。

 今回の新ルールは、新チーム参入を望んでいるF1のコストを削減する目的もある。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
レッドブル、ホンダとのPU開発契約を2025年まで延長
ハミルトン、メルセデスとの契約満了後もF1現役続行を検討
アルボンがウィリアムズ残留 ピアストリとアルピーヌの騒動いじる