農機大手ジョンディアのトラクターを“ハッキング”し、農家が自ら機械を調整したり修理したりできるようにする手法が公表された。これは米国で高まる「修理する権利」を求める動きとセキュリティとの関係を象徴する出来事だ。