ダイソー「ネギカッター」便利すぎ!極細の白髪ネギが秒でできちゃった

 ラーメンやどんぶり、鍋のトッピング。ほかにも、サラダやおつまみなどに使われる“白髪ネギ”。シャキシャキとした食感と、ピリ辛・苦味は、料理のいいアクセントになってくれますよね。ですが、白髪ネギというのは、その名のとおり、ネギの白い部分を白髪のように縦に細かくせん切りにしたもの。お店ででてくるような繊細な白髪ネギを自宅で作ろうとしても、これがなかなか難しい…。

 そこで今回は、白髪ネギが簡単に作れるとネットで話題のダイソー「ネギカッター」をお試ししてみました! はたして、その出来は…?

◆7枚の刃がついた「ネギカッター」

 100円ショップ・ダイソーのキッチン用品売り場で見つけた「ネギカッター」。

「ネギカッター」110円/税込
サイズ:15.5cm×2.6cm×15cm

 早速、取り出してみると…。

 手にフィットする長いハンドルの先端に、7枚の刃がついています。

 これがまた鋭利なカッターで、存在感大。

 独自に計測してみたところ、刃の長さは約3cmほど。それを、ネギの表面に差し込んで、切っていくだけで、簡単に白髪ネギを作ることができるそうなのです。

 確かに、説得力のある刃…。これなら、細かな白髪ネギが出来上がりそうで、期待が高まります。それでは早速、「ネギカッター」を使って、白髪ネギ作りに挑戦していきましょう。

◆シューッと一直線にとてもよく切れる

 まずは、ネギを用意します。ネギは、根元を切り落とし、傷がついている部分があれば表面の皮をむきましょう。また、ネギが乾燥している場合は、水に浸してから切るといいそうです。

 次は、「ネギカッター」の準備。

 カッター部分が鋭利なので、怪我をしないように気をつけながら、キャップの側面を持って外しましょう。

 さて、ここからは実際にネギを切っていきたいと思います。

 ネギの根元から、5〜6cmくらい上のあたりでしょうか。表面部分に、「ネギカッター」の刃先を差し込んで…。

 カッターを傾けて、根元のほうへゆっくりと引きながら切っていきます。

 引っかかりなく、根元までシューッと一直線に…とてもよく切れる! なので、ネギの上部をしっかりと持って固定し、手元にはくれぐれも気をつけながら使っていきましょう。

 深さは、刃先が少し埋もれるくらいでよさそう。重ね切りはNGだそうなので、根元まで切ったらネギを回転させて、同様に「ネギカッター」を使っていきます。

◆グルっと1周したら、包丁で切り落として完成

 半周ほどしたところで、それっぽく先端が開いてきました。

 グルッと1周したら、こう。

 細かいですね。包丁を使う場合、ここまで極細に仕上げるのは至難の業でしょう。

 最後は、ネギがつながらないように、切りはじめた部分を避けて包丁で切り落とします。

 はい、完成!

 時間にして、1分とかかりませんでした。“秒”で、極細白髪ネギができるだなんて、簡単すぎます。

 パラパラ、そして、シュッとまっすぐに長さが揃った美しい白髪ネギ。ちなみに、重ね切りをしてしまうと、包丁で切り落とす前に、途中でネギが切れて不揃いになるので注意。

◆汁なし担々麺にトッピング、お店みたい!

 あとは、お好きな料理に使うだけ。

 筆者は、汁なし担々麺にON。

 白髪ネギが、見事! まさにお店仕様、食感もシャキシャキ。風味も増したように感じます。辛味が気になるようであれば、食べる前に水にさらしてみてください。

 110円の「ネギカッター」が、ここまで料理のクオリティを上げてくれるだなんて…。これは、買って大正解!

 気になった方は、店舗やネットストアでチェックしてみてくださいね。

◆ウインナーに切れ目を入れてみた

 そうそう、最後に…。

 ネットの口コミで見かけた、ウインナーの飾り切りにも挑戦してみました。

…が、ウインナーが小さくて、コロコロと転がりやすくて、見た目にはいい仕上がりですが、安全面を考えるとバツ寄りのサンカク。使用上の注意にも、本来の用途以外に使用しないようにと書かれています。ぜひ、“美味しい白髪ネギ”作りにお使いください。

<文/高木沙織>

【高木沙織】
美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Instagram:@saori_takagi