私たちの4人に1人は、うつや強い不安といった精神的な不調を経験すると言われている。これほど快適に暮らせるようになった現代社会において、なぜ多くの人が精神的な問題を抱えているのだろうか?

【写真】この記事の写真を見る(2枚)

 ここでは、自著『スマホ脳』が世界的なベストセラーとなった、スウェーデン出身の精神科医、アンデシュ・ハンセン氏の最新作『ストレス脳』(久山葉子 訳、新潮新書)から一部を抜粋。SNS利用の多い10代の女子を襲う、デジタルライフの問題点を紹介する。(全2回の1回目/2回目に続く)


写真はイメージです ©iStock.com

◆◆◆

女子を襲うデジタルライフの問題点

 あなたが大人なら、1日に平均3〜4時間をスマホに費やしているはずだ。ティーンエイジャーならば5〜6時間。つまり起きている時間から学校を除いたほぼ半分だ。デジタル化は人間の歴史において最速の行動変容だった。それが精神の健康にどのような影響を与えるかは重大な問いだ。中でも大きな影響を理解するために、今書いた数字以上のものは必要ないだろう。1日は24時間しかないのに画面の前にいる時間が何時間も延びるということは、その分だけ他のことをする時間が失われる。

 実際に人と会ったり、運動をしたり、睡眠をとったりする時間も減る。だから14歳の1日平均歩数が今世紀の初めに比べて男子で30%、女子で24%減ったのは驚くことではない。同期間に、不眠で受診し睡眠薬を処方されたティーンエイジャーが10倍近くに増えたのが現実だ。

 精神の健康を考えると、一番問題なのはスマホではなく、他のことをする時間がなくなったことだ。精神の不調を防ぐ要因である睡眠や運動、実際に人と会うといったことが、デジタル化の進むライフスタイルに侵食されてしまっている。しかし、画面の前に長く座っていること自体が危険なことなのだろうか。

 現在の私たちが20〜30年前に比べて精神状態が悪くなっているとは断言できない。しかし1つだけ例外があって、それはティーンエイジャー、中でも女子だ。その層において精神的不調は明らかに増えている。多数の実例から1つだけ挙げるならば、15歳女子の62%が心配、腹痛、睡眠障害など、慢性的なストレス症状を訴えている。1980年代に比べると倍以上の数だ。男子だと35%、それも1980年代から倍に増えている。同様のネガティブな傾向が多数の国で確認されている。

 なぜ精神的な不調が女子の間で激増したのか、はっきりした答えはわからないので推測を書かせてもらうが、まずティーンエイジャーは学校以外で起きている時間の半分をスマホに費やしているという現実がある。その時間を女子は高い割合でソーシャルメディアに費やし、男子はゲームをする。なぜそれで女子の精神的な不調が急速に増加したのか、脳の見地から考えてみよう。

果てることのない世界共通の欲求とは何か

 耳たぶの後ろ1センチほどのところからまっすぐ脳の奥に入っていくと、医学用語で縫線核と呼ばれる15万の脳細胞でできた部分がある。脳細胞のわずか0・0002%なのに、それが私たちの精神状態やどのように機能するかを決定づける。脳内で最も驚くべき物質、セロトニンの大部分がそこで生産されるためだ。

 現在、多くの国で大人の10人に1人以上が抗うつ薬による治療を受けている。薬の大半がSSRI(訳注:選択的セロトニン再取り込み阻害薬)で、セロトニンのレベルを上昇させる薬だ。なぜセロトニンのレベルを上げる需要が大きいのだろうか。この薬が人間に与えてくれる、果てることのない世界共通の欲求とは何なのだろうか。ここでまた脳に戻り、それを理解してみよう。

 セロトニンは縫線核で産生されたあと、少なくとも20の細胞シグナル伝達経路を通って脳全体に運ばれていく。そこで様々な精神的特徴に携わるので、とんでもなく複雑な影響が生じる。しかし最も重要と思われる影響については端的に言い表すことができる。「セロトニンは私たちがどのくらい孤立したいかを制御する」。そしてそれは人間に限ったことではない。

 セロトニンは生物の歴史を10億年遡っても存在し、人間以外にも様々な種の「孤立」に影響を与えている。イトヨとゼブラフィッシュを一般的な下水処理後の排水と同じ濃度の「セロトニンレベルを上昇させる薬」が入った水に放つと、魚たちは慎重さを欠き、肉食魚に食べられてしまうリスクが上がる。

 孤立したいかどうかを制御するシステムのバランス、何百万年もかけて研ぎ澄まされてきたそのバランスが崩れると、命に関わるような影響が出るのだ。魚の場合はたいてい他の種が脅威になるが、魚以外だと同じ種の仲間も脅威になることがある。例えばカニはカニ同士で激しい闘いを繰り広げることがある。ぶつかり合う前に終わることが多いが、それは優位なほうのカニが相手を退却させたのだ。

 しかしセロトニンのレベルを上げる薬を投与されたカニは優位になり、退却する傾向が減る。つまりセロトニンのレベルが変化することで、ヒエラルキーにおける自分の地位の理解が変わるのだ。同じことがチンパンジーにも言える。群れのボスであるオスあるいはメスがその地位から追い払われると、権力の真空が発生する。そこで無作為に選んだチンパンジーの個体にセロトニンレベルを上げる薬を投与すると、その個体が群れの指揮を執り始め、新しいボスになる傾向がある。

 人間の場合もセロトニンがヒエラルキーにおける地位の解釈に影響してくる。例えばアメリカの大学寮で行われた調査によれば、長く寮に暮らしてリーダー的役割を担う学生は、新入生よりもセロトニンレベルが高かった。それがティーンエイジャーの精神的不調とどう関係があるのかというと、セロトニンがヒエラルキー内の地位だけではなく、私たちの情動にも重要な役割を果たしているからだ。うつに最も多く使用されている薬はセロトニンのレベルに働きかけるもので、多くの人の精神状態が改善されている。

 つまり精神状態と自分がヒエラルキーのどこにいるのかという実感は、生物学的に密接に関連していることがわかる。ヒエラルキー内での地位が下がると精神状態は悪化する傾向にあるわけだが、現在ほど「地位が下がった」と感じさせられる機会の多い時代はない。ソーシャルメディアを通じて常に他人の完璧な人生を見せつけられているのだから。セロトニンの見地から言うと、過去に精神状態が悪くなる原因がこれほど大きかったことはないのだ。

成功している人のアピールによって、精神状態が悪くなるリスク

 地位が下がったと感じるのはこれまでも同じだったと思うかもしれない。それは確かにそうなのだが、今の私たちのように起きている時間の半分もそんな情報にさらされているわけではなかったし、完璧な演出がされていたわけでもなかった。友人が修整して投稿した写真を次々と見せられるばかりでなく、何千人、何万人というインフルエンサー、つまりお金をもらって素晴らしい人生をアピールしている人たちの存在によって、自分では達成不可能なレベルにゴールが設定されてしまう。

 私たちは文字どおり1分ごとに自分より素敵な人、賢い人、リッチな人、人気のある人、成功している人がいることを思い知らされる。そのため常にヒエラルキーの下へ下へと落ちていくように感じるのだ。精神状態が悪くなるリスクはそこにある。

 ヒエラルキーにおける地位を確認するのをやめられないのは、脳が孤独を避けたいためだ。集団から追い出されないように、脳は常に「自分はこのグループに馴染めているだろうか」「こんな自分で大丈夫だろうか」「この集団に受け入れてもらえるくらい自分には価値がある? 賢い? 面白い? 美しい?」と問い続けている。今の私たちは同じ問いを、脳が進化したのとはまったく異なる環境下でぶつけることになる。私たちのカロリー欲求がカロリーに乏しい世界で何十万年も過ごした上で進化したのと同じことだ。カロリーが無料同然の今の世界では壊滅的な影響を受ける。

 他人と比較したい欲求もまた、少人数のグループで暮らしていた世界で培われた。「自分には充分な価値がない」とエンドレスに感じ続ける状況に置かれたら、私たちの情動に影響が出てしまう。具体的にどういう影響なのかはまだ確実にわかってはいない。ソーシャルメディアの影響に関する研究は始まったばかりだからだ。

 それでも、多数の研究で判明していることがある。1日に4〜5時間をソーシャルメディアに費やす若者は、自分自身に不満を抱えていて、心配や気分の落ち込みを感じている。一方で、ソーシャルメディアが私たちに及ぼす影響を研究するのは困難でもある。理由の1つは、企業側が情報を公開しようとしないことだ。

 2021年の秋、フェイスブック社の研究者らが「フェイスブック社のアプリ、インスタグラムによってティーンエイジャーの女子の3分の1が自分の身体をネガティブに受け止めている」という警告を発していたことがわかった。彼らはまた、「ティーンエイジャーの自殺念慮の6〜13%がインスタグラムに起因する可能性がある」とも把握していた。ところがフェイスブック社はその警告を無視したばかりか、世間から隠していた。

 しかし、ソーシャルメディアへの反応には個人差があることも指摘しておく。全員が精神状態を悪くするわけではない。影響を受けるリスクが一番高いのは神経症的傾向の強い人々、つまりネガティブな刺激に特に強く反応する人たちだ。また、ソーシャルメディアを受け身的に使い、他人の投稿を眺めているだけでコミュニケーションを取ろうとしない人たちも同様だ。

 では何に気をつければよいのか。私たちは常にカロリーを欲し、不安を抱えがちな人の子孫というだけでなく、必死で集団に属していようとする人の子孫でもある。それなのに1日に数時間も他人の完璧な人生と自分を比較していれば、脳は「私はヒエラルキーの最下層にいる」というシグナルを受け取ってしまうかもしれない。

 そうすると精神状態が悪くなるリスクが高まる。つまり、そのシグナルをいかに抑えるかだ。ソーシャルメディアの使用を制限する──非科学的なアドバイスにはなるが、1日1時間以内にするというのが私からの具体的なアドバイスだ。そうすれば、強い不安を感じた時に深呼吸をするのと同じように、脳を制御することができる。

「幸せを追い求めるのはやめたほうがいい」世界幸福度ランキング上位国・スウェーデンの精神科医が説く現代社会の“不幸な誤解” へ続く

(アンデシュ・ハンセン)