夏にむくみやすい原因とは?対策とオススメアイテム3選

写真拡大 (全5枚)

「夏になるとむくみが気になる」というお悩みはありませんか?
実は、1年の中で一番むくみが起こりやすいのが夏なんです。
今回は、夏にむくみやすい原因と対策、むくみの解消にオススメなアイテム3選をご紹介いたします。

夏にむくみやすい原因とは?
出典:byBirth

夏にむくみやすい原因は、おもに3つあります。

からだの冷え

からだが冷えると、血流が悪くなり、血液の循環が滞ることで、代謝機能も低下してむくみが生じやすくなります。特に、夏はエアコンやクーラーがきいた室内で過ごしていると、からだを冷やしやすくなるので注意しましょう。

水分の摂りすぎ

夏は、熱中症の予防として、多めに水分補給する場面も多いでしょう。しかし、冷たい飲み物を摂りすぎると、からだを冷やしてしまい、むくみを引き起こす原因にもなります。

塩分の摂りすぎ

塩分を過剰に摂取してしまうと、体内の塩分と水分のバランスが崩れ、むくみやすくなってしまいます。

特に、塩分が多いインスタント食品などを食べすぎると、むくみを招く原因にもなるので、食生活にも注意が必要です。

夏のむくみ対策とは?
出典:byBirth

夏のむくみを改善するには、食生活を見直し、適度な運動を取り入れることが大切です。ここでは、夏のむくみ対策3つをご紹介いたします。

運動をする

毎日の習慣に、適度な運動を取り入れてみましょう。からだを動かすことで、血流が促進され、むくみの解消にもつながります。

習慣化しやすい運動は次の通りです。

ラジオ体操ウォーキングストレッチマッサージ

適度な運動は、冷えたからだを温めてくれる効果もあります。からだが冷えやすい方は、ぜひ実践してみてくださいね。

体を温める

一時的なむくみに効果的なのは、からだを温めることです。

夏でも温かい飲み物を飲む、ひざ掛けを使うなどして、からだを冷やさないように心がけましょう。また、からだの芯まで温めてくれる入浴も効果的です。

温浴効果を高めてくれる入浴剤を活用するのもオススメですよ。

むくみに効果的な食材を摂取する

むくみに効果的なのは、水分と塩分の排出を促してくれる「カリウム」が含まれている食材です。

バナナやキュウリ、アボカドなどに多く含まれているので、スーパーなどで比較的手に入りやすいのもポイントです。

むくみが気になると感じたときには、カリウムを含んだ食材を取り入れて、むくみを予防していきましょう。

夏のむくみ対策にオススメなアイテム3選

ReFa ReFa CARAT(リファカラット)

26,180円(税込)

出典:byBirth

プロの手技を再現した、深くつまみ流す「美容ローラー」。

ソーラーパネルから光を取り込んで、微弱電流「マイクロカレント」を発生させます。さらに、顔・首・二の腕・脚などの全身に使えるので、気になる部分を手軽にリフトアップすることができます。

防水仕様なので、ゆっくりとお風呂につかりながら心地よくマッサージができるのも魅力的です。

ヴェレダ ホワイトバーチ ボディオイル

100ml 4,180円(税込)

出典:byBirth

ヒップや太もものザラつきをケアしてくれるボディ用のマッサージオイルです。

純粋な植物オイルをベースに、植物エキスやエッセンシャルオイルを配合。肌を引き締めて、弾力のあるなめらかな肌へと導きます。さらに、ザラつき肌をケアするだけでなく、マッサージ効果で代謝機能を高め、血行を促進してくれるのもポイントです。

爽やかなグレープフルーツの香りなので、暑い夏でも使いやすいですよ。

HOT TAB 薬用ホットタブ重炭酸湯Classic

45錠 3,960円(税込)

温浴効果を高め、血行を促進してくれる有効成分が配合された「ホットタブ」。

有効成分には、炭酸水素ナトリウム・炭酸ナトリウムを配合し、冷えや肩こりなどの悩みにも効果的です。からだを芯から温めるだけでなく、重炭酸イオンのちからで皮脂汚れも溶かして落とし、美肌へと導きます。

また、無香料・無着色・中性PHのため、デリケートな肌の方にも安心して使用できるのもポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

夏のむくみは、冷房による冷えや、冷たいものを摂取することで起こりやすくなってしまいます。からだを温めたり、運動やストレッチで血行を良くしたりして、夏のむくみを予防していきましょう!