古屋兎丸先生(54歳)といえば、天才的な画力と『π』(パイ)をはじめとした『帝一の國』や『ライチ★光クラブ』など、類まれなる創作力でファンを魅了し続けている漫画家である。数多くの漫画家に影響を与えたともいわれており、その存在はすでにカリスマ。

古屋兎丸先生の御子息の漫画が上手すぎる

そんな古屋兎丸先生の公式Twitterに、衝撃的な画像が掲載され、多くの人たちが衝撃を受けている。古屋兎丸先生の御子息と思われる人物が描いた漫画原稿が掲載されているのだが、あまりにも上手すぎて、大絶賛されているのである。

<古屋兎丸先生の公式Twitterコメント>

「小6息子の漫画、夏休みになり、ペースアップして40ページまでペン入れ終了。この歳は描いてる間に成長するから以前のページを描き直したりして一歩進んで二歩下がっての繰り返し。夏休み中にできるかどうか…」

古屋兎丸先生の御子息の漫画に対し、脚本家として知られている​筧昌也さんは、「絵はもちろんコマ割りからアングル。何から何までサラブレッドですね」と絶賛している。

古屋兎丸先生のご子息の活躍に期待しかない

確かに古屋兎丸先生は天才的な漫画家として知られている。御子息は、古屋兎丸先生の影響を色濃く受けているとも考えられる。だがしかし、ご子息が描いた漫画はご子息の才能の賜物であり、誰のものでもない。そこにあるのは才能と努力。古屋兎丸先生のご子息の活躍に期待しかない。

コラボ漫画を描く日がやってくるかも!?

古屋兎丸先生はいま現在も現役で漫画を描き続け、最近では古屋兎丸先生のキャラクターが描かれたLINEスタンプも販売している。もしかすると、近い将来、古屋兎丸先生と御子息が同じ誌面に漫画を掲載したり、コラボ漫画を描く日がやってくるかもしれない。


※冒頭画像は古屋兎丸先生の公式Twitterより

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)