新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold4」と「Galaxy Z Flip4」が日本でNTTドコモやauから登場へ!

既報通り、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は10日(現地時間)、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおいて新しいフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold4」および「Galaxy Z Flip4」、スマートウォッチ「Galaxy Watch5」および「Galaxy Watch5 Pro」(「Galaxy Watch5 Pro Golf Edition」含む)、完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds2 Pro」を発表しました。

各製品ともにアメリカや韓国などの1次販売国・地域で8月26日(金)に発売され、発売に先立って8月10日(水)より予約受付が実施されます。一方、日本では現時点では各製品ともに販売については明らかにされていませんが、これまでも各シリーズともに発売されてきましたし、何らかの形で販売されるのではないかと思われます。

そうした中でIEC(国際電気標準会議)が電気機器安全規格適合試験制度による認証情報を公開しているIECEEにおいて未発表のサムスン電子製「SC-55C」および「SCG16」(認証番号:DK-128842-UL)と「SC-54C」および「SCG17」(認証番号:DK-129172-UL)がそれぞれ2022年6月20日付および2022年6月28日付でデンマークの認証機関「DEMKO」によるCB証明書を取得したことが公開されています。

それぞれ型番規則からSC-55CとSC-54CはNTTドコモ向け、SCG16とSCG17はKDDIおよび沖縄セルラー電話(auなど)向けであると考えられ、同時にSC-55CとSCG16は「SM-F936B/DS」や「SM-F936B」、「SM-F936N」。「SM-F9360」とともに認証されており、メーカー型番「SM-F936*」はGalaxy Z Fold4であるため、NTTドコモでは「Galaxy Z Fold4 SC-55C」、auでは「Galaxy Z Fold4 SCG16」として登場すると予想されます。

また同じようにSC-54CとSCG17も同時に「SM-F7210」や「SM-F721N」、「SM-F721C」、「SM-F721B」とともに認証されており、メーカー型番「SM-F721*」はGalaxy Z Flip4であるため、NTTドコモでは「Galaxy Z Flip4 SC-54C」、auでは「Galaxy Z Flip4 SCG17」として登場すると推測されます。

さらにこれらのメーカー型番のうちのSM-F721Cは楽天モバイル向けとなる末尾が「C」となっているため、日本ではGalaxy Z Flip4が楽天モバイルから「Galaxy Z Flip4(型番:SM-F721C)」として投入される可能性も出てきました。発売されれば、楽天モバイルとしては初のフォルダブルスマホとなります。

なお、すでに紹介しているように日本向け次期エントリースマホ「Galaxy A23」と見られるNTTドコモ向け「Galaxy A23 SC-56C」、KDDIおよび沖縄セルラー電話向け「Galaxy A23 SCG18」、楽天モバイル向け「Galaxy A23(型番:SM-A233C)」が認証を受けており、SC-54CやSC-55C、SCG16、SCG17が抜けていたため、これらがGalaxy Z Fold4とGalaxy Z Flip4に順当に当てはめられることになりました。


Galaxy Z Fold4のメーカー型番であるSM-F936*とともにSC-55CとSCG16が記載されています

サムスン電子ではディスプレイを折り畳めるフォルダブルスマホを2020年より展開しており、横に折り畳む「Galaxy Z Fold」シリーズと縦に折り畳む「Galaxy Z Flip」シリーズがあり、Galaxy Z Foldシリーズは開くとタブレットのような大画面、閉じると縦長画面で通常のスマホのように使え、Galaxy Z Flipシリーズは開くと通常のスマホのような縦長画面で、閉じるとコンパクトサイズになって持ち運びやすくなっています。

今回のGalaxy Z Fold4とGalaxy Z Flip4はともにフォルダブルスマホの第4世代として順当にスペックアップが施され、昨年のGalaxy Z Fold3やGalaxy Z Flip3で対応した防水(IPX8)には引き続き対応し、新たにチップセット(SoC)には最新のQualcomm製「Snapdragon 8+ Gen 1」を採用し、Galaxy Z Fold4は大画面に最適化されたAndroid 12LベースのOneUIを搭載し、Sペンと合わせてよりインタラクティブに使え、Galaxy Z Flip4は自分好みに外観をカスタマイズできるようになったりしています。


Galaxy Z Flip4のメーカー型番であるSM-F721*とともにSC-54CとSCG17、SM-F721Cが記載されています

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Galaxy Z Fold4 関連記事一覧 - S-MAX
・Galaxy Z Flip4 関連記事一覧 - S-MAX
・DK-128842-UL | IECEE Certificates
・DK-129172-UL | IECEE Certificates
・Galaxy(ギャラクシー)ホーム | Galaxy公式(日本)