本気で幸せな恋を望むなら!「だめんずを引き寄せちゃう女性の特徴」と対処法

写真拡大

本気で幸せになりたいと願っているのに現実はだめんずを引き寄せてばかり……。次こそはと思っても、なかなか相手に恵まれず落ち込んでいませんか?

こんな人だったなんて…! 彼氏のだめんず衝撃エピソード #2「のらりくらりと」

実はだめんずを引き寄せている原因は自分自身にあるかもしれません。知らず知らずのうちに相手のためにと思ってしていることが逆効果の可能性も。

今回は、だめんずを引き寄せやすい女性の特徴と対処法を合わせてご紹介します。

だめんずを引き寄せちゃう女性の特徴とは?

1: 仕事人間だけど恋愛に依存する傾向が同じくらい強い

基本的には仕事モード。ところが恋愛もあってこそ仕事モードが成り立つ女性がなかにはいます。

彼氏が途切れている自分はあり得ない、とあっという間に彼氏候補を見つけて付き合いはじめるのです。ところが実際はその相手がだめんずで結局、再び別れることに……。

仕事だけに集中していられず、場合によっては寂しさゆえに相手が既婚者だと知りながら、深い関係になる人もちらほらと。仕事も恋愛も充実させたい気持ちは理解できますが焦りは禁物。

2: 付き合ってすぐに同棲をする

だめんずを引き寄せやすいからなのか、だめんずに好かれやすい女性に限ってなぜかいつの間にか同棲をはじめているパターンが意外と多い印象を受けます。

同棲というよりも最初はお泊りだけだったはずなのに知らない間にそのまま連泊、さらには、ぐだぐだと同棲が始まり、彼のお世話まで……。

自分の未来も見据えていたはずなのに、最終的には同棲を解消しているケースが多いようにも見えます。

けじめをつけながら2人の関係を進展させるのが理想的ですが、安心したいからなのか、なぜか急ごうとするのもだめんずに好かれやすい女性の特徴です。

3: 尽くしすぎてしまう

相手がだめんずであろうと結婚や出産のリミットを考えたら、今のまま付き合って結婚してもいいと思っている女性もいます。

だから自分の時間はすべて彼に捧げているはずなのに、彼が負担に感じて、結局、短命の恋を繰り返している状態に。

相手のために尽くすことが愛情だと思っているなら、それはもしかしたら彼のためではなく自分がそうやって安心したいから必死なだけかもしれません。

だめんずを引き寄せない方法とは?

1: 恋愛以外で心のよりどころを見つける

恋愛がすべてではありません。彼氏がいなくても人生を楽しんでいる女性はたくさんいて、自分を磨こうと必死に頑張っている人もたくさんいます。

だめんずを引き寄せやすい傾向があるなら、それだけ自分自身も恋愛に対して執着しているか、もしくは依存していないと不安で仕方がないからです。

本気でだめんずの引き寄せ体質を変えたいなら、恋愛以外にも心のよりどころをみつけることが最初の一歩です。

たとえばヨガを本格的に始めてみる、資格取得まで考えてみるだけでも毎日が忙しくなります。

恋愛以外でも夢中になれるものを見つけて、自分自身のエネルギーを整えていれば、出会う相手の質も少しずつ変わってくるはず。

2: 結婚に執着しない

「結婚する必要はないかもしれない」と宣言している独身女子に限って、実は既婚者とデートしていたり、社内不倫をしていたりと、驚くような行動をとる人がなかにはいます。

それぞれの心理はわかりませんが、きっと心のどこかでは「自分ももっと早く結婚するべきだった」「あの人と別れなければ今頃どうしていたのだろう」と結婚に対して本当は憧れがあるのに、その気持ちを我慢している可能性があります。

だから寂しくて仕方がなくて、たとえ相手がだめんずだったとしても受け入れてしまうのです。

本気で幸せになりたいなら、結婚に対する執着を手放すこと。「恋愛をしていても、していなくても、自分らしく毎日を過ごすってどういうことだろう?」と考えるだけで今までとは状況が変わります。

だめんずを引き寄せやすいなら、それは恋の神様から「本気で変わりなさい」と言われているのと同じかもしれません。

縁結びの神社に行ってお願いすることも大切だけど、それ以上に、自分自身を改革させる方がもっと大事なのです。

不要なご縁はすべて断ち切って、新しい風を吹かせましょう。そのためには恋愛に依存しなくても毎日を楽しめる術を自分で見つけていくことがリスタートにつながります。