FC今治は10日、トップチームスタッフ1名が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたことを発表した。

 当該スタッフは9日に発熱(40.1度)し、10日に新型コロナウイルス感染症のPCR検査を受けたところ陽性判定が確認されたという。当該関係者は現在、適切な指導及び対策のもとで療養中。また、Jリーグ独自基準による濃厚接触疑い者はいないとしている。

 クラブは公式サイトで「全選手、全クラブスタッフを対象に毎日の検温と健康状態の確認や継続的に行っている新型コロナウイルス感染防止に向けた取り組みをさらに強化してまいります。また、ファン・サポーターの皆様、パートナーの皆様、選手及びクラブスタッフならびにそのご家族、その他クラブに関係する皆様の健康維持を最優先に考え、引き続き、政府や愛媛県、Jリーグの方針およびガイドラインに基づき、新型コロナウイルス感染症対策に努めてまいります」とコメントした。