おうちデートで彼女にされると嫌なこと #6「ケチくさいと思いつつも…」

写真拡大

コロナ禍が続く今、以前よりおうちデートが増えているカップルは多いのではないでしょうか。

男性たちが見てしまった“彼女のスマホ”衝撃的な中身 #3「そっちには疎いはずが…!?」

おうちデートは2人だけの空間のため、いつもよりラブラブタイムが過ごせますよね。

しかし、おうちデートのラブラブタイムで男性が彼女にされると気持ちが冷めてしまう行動もあるそうです。

今回は、実際に男性たちに聞いた話をもとに、おうちデートのラブラブタイムに彼女にされると嫌なことについて実録形式でご紹介します。

「コロナ禍をきっかけに、以前付き合っていた彼女は月の半分から3分の2は俺の家に泊まっているような半同棲状態でした。

彼女も俺もリモートワークだったので、週末泊まった流れでそのまま……ということが増えた結果なのですが、しばらくその生活が続いて光熱費や水道代を見て少し驚きました。

ちょっとケチくさいかな、と思ったんですが『光熱費高くなったんだよね〜』と言っても『そうなんだ!』の一言。

彼女はトイレや風呂の電気もつけっぱなしなことが多くて、それで余計にイラッとしてしまって……。

『一緒に住む?』と言ってみても『まだ早くない?』と濁されるだけでストレスが溜まってしまい、結果お別れすることになっちゃいましたね」(27歳/企画)

月の半分以上を彼氏の家で過ごしているのであれば、『光熱費高くなったんだよね〜』と言われたときに少し気になりそうなものですが、意外に気づかない女性もいるようです。

もっとはっきり言ってほしいと感じる方も少なくないかもしれませんが、ストレートに伝えるのが苦手……という人もいるため、なかなか難しい問題ですよね。

そもそも価値観や考え方に大きく違いがあるとこういった問題にぶつかりがちなので、こういった状況で話し合いができないのであればご縁がなかった、と割り切るしかないかもしれませんね。