世界の絵本画家の“画材”に着目する展覧会「絵本画家の絵の具箱展」長野・安曇野ちひろ美術館にて

写真拡大

展覧会「ちひろ美術館コレクション 絵本画家の絵の具箱展」が、2022年9月10日(土)から12月4日(日)まで、長野・安曇野ちひろ美術館の展示室3にて開催される。

個性豊かな絵本を生む“画材”に注目

世界の絵本画家の作品を展示する絵本美術館・安曇野ちひろ美術館では、“画材”に注目した展覧会「絵本画家の絵の具箱展」を開催。個性豊かな作品世界観を構築する油彩、水彩、アクリル絵の具、パステル、マーカーなどの画材や、作家・作品によって異なる技法に焦点を当てる。

色彩豊かな油彩作品

例えば伝統的な<油彩>の技法で描かれた作品は、イタリアの画家キアラ・ラパッチーニによる『ねえ こっちむいて!』を紹介。油彩の発色の良さを生かした、鮮やかな画面が特徴だ。

マーカーで描く『すみっこのおばけ』

速乾性が高くカラー展開が豊富な<マーカー>に着目するパートでは、子どもに人気の絵本を多く手掛ける武田美穂の作品などを展示。はっきりした線で描かれた親しみやすいキャラクターが登場する『すみっこのおばけ』などを鑑賞できる。

画家独自の混合技法も

さらに、石膏ボードに<テンペラと油彩>で描く混合技法を用いたチェコ在住の出久根育による『マーシャと白い鳥』など、画家独自の手法も紹介する。

【詳細】
展覧会「ちひろ美術館コレクション 絵本画家の絵の具箱展」
会期:2022年9月10日(土)〜12月4日(日)
時間:10:00〜17:00
会場:安曇野ちひろ美術館 展示室3
住所:長野県北安曇郡松川村西原3358-24
休館日:水曜日(祝休日開館、翌平日休館)
※11月23日(水)は開館、24日(木)は休館
出展作品数:約23点
料金:大人900円 / 高校生以下無料
※団体(有料入館者20名以上)、65歳以上、学生は700円
※障害者手帳提示者、付き添い者1名まで無料
※年間パスポート3,000円
【写真付きで読む】世界の絵本画家の“画材”に着目する展覧会「絵本画家の絵の具箱展」長野・安曇野ちひろ美術館にて

外部サイト