激闘となった神奈川ダービー【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

【専門家の目|家本政明】「喜田選手の行為はキャプテンだからではなく…」

 元プロフェッショナルレフェリーの家本政明氏が、8月7日のJ1リーグ第24節の川崎フロンターレ横浜F・マリノス戦(2-1)でリアルタイム解説のオンライン配信イベント「家本政明ぶっちゃけLABO」を実施。

 大好評でイベントを終えた家本氏は、後半途中に主審が負傷交代したハプニングをどう見たのか。横浜FMのキャプテンMF喜田拓也や両軍の監督が見せた振る舞いについて、「美しいシーン」「両監督のああいうシーンはなかなか見ない」と絶賛している。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

   ◇   ◇   ◇

 神奈川ダービーは前半25分に川崎が華麗な連係から元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンが先制ゴールを奪った一方、同アディショナルタイムに横浜FMもFW仲川輝人がカウンターから同点ゴール。一進一退の攻防を続いたなか、後半アディショナルタイムにDFジェジエウが決勝弾を叩き込み、川崎が2-1と劇的勝利を手にした。

 そんな一戦で思わぬハプニングが起きたのが、1-1で迎えた後半30分だ。川崎が左コーナーキックを獲得し、こぼれ球からのシュートは枠を外れる。横浜FM側のボールで再開するかと思われた直後、木村博之主審が左太もも裏を痛めた仕草を見せて試合が一時中断。その際、横浜FMのキャプテン喜田が審判の横に立ち、審判団に向けて両手をクルクルさせて交代を要求するジェスチャーを見せた。

 直後には、川崎のFW小林悠やL・ダミアン、横浜FMのGK高丘陽平らも木村主審に近寄り、気遣うように次々声をかけていく。ライン際までゆっくりと歩く木村主審の横には喜田がぴたりと寄り添い、最後まで見送る気配りも見せている。最終的に第4審判員の佐藤誠和氏が主審として登場し、佐藤氏は思わぬ形でJ1デビューを果たす形となった。

 リアルタイム解説のオンライン配信イベント「家本政明ぶっちゃけLABO」を終えた家本氏は、改めてこのシーンに言及。「フットボールやスポーツの素晴らしさを感じるシーンでした。もちろん勝ち負けが付きまとう世界ですが、人にはドラマがあること、勝ち負けが決してすべてではないことを再認識させてくれました」と語り、喜田にも言及している。

「喜田選手の行為はキャプテンだからというわけではなく、もともと持っている人間性が自然と現われた美しい振る舞い。気配り・心配りも滲み出ていました。あの状況で、フットボーラーとしてだけでなく、1人の人間として何をすべきかですよね。負傷交代のシーンを見て美しいと感じることはあまりないのですが、あの2チームだからこそ、美しいシーンがより自然と生まれたのかもしれません」

振る舞いに反映されていた「2クラブの哲学、姿勢、価値観」

 さらに家本氏が注目したのは、両チームの監督が見せた振る舞いだ。負傷した木村主審がピッチを出た際、川崎の鬼木達監督はすっと歩み寄って手を添え、声をかけて気遣うようなやり取りを見せている。また、横浜FMのケヴィン・マスカット監督もピッチ脇に立った木村主審に近づき、落ち着いた様子でやり取りしながら負傷を慮るようにコミュニケーションを図っていた。

「両監督のああいうシーンはなかなか見ないですね。両監督の珍しい行為にもスポーツやフットボールの美しさ、スポーツマンシップを感じました」と振り返る家本氏は、両クラブに根付く精神が監督や選手などの振る舞いに出ていたと分析している。

「フロンターレ、マリノスの2クラブが持つそれぞれの哲学、姿勢、価値観のようなものが、監督や選手、ピッチ上での美しい振る舞いとして出ていました。そして試合が再開すれば、また真剣勝負のなかで激しく火花を散らして熱くファイトし、フットボールの楽しい一面も示してくれました。主審の負傷という思わぬハプニングが発生したなか、両軍の美しい配慮、勝利を目指した真剣勝負のバチバチ感もあったりと、フットボールの美しさと魅力が詰まっていた好ゲームでした」

 川崎対横浜FMで実施されたリアルタイム解説のオンライン配信イベント「家本政明ぶっちゃけLABO」は大好評。担当主審が負傷交代するというアクシデントも発生した一戦の見逃し視聴チケットも購入可能となっており、参加者の鋭い質問に対して忖度ゼロ・NGなしで回答した家本氏の“ぶっちゃけトーク”は話題を呼びそうだ。(FOOTBALL ZONE編集部)