いい感じだったのに...!?脈アリだと思ったらフラれてしまった理由とは?

写真拡大

今すぐにでも落とせる、後は付き合おうという言葉だけだと思えるほどうまくいっている女性がいるのに、いざ告白したら振られてしまった経験をしたことがある男性は意外と多いのではないでしょうか。

振られた瞬間「なんで?」とショックを受けることでしょう。そこで今回は、脈アリ女性とうまくいっていたはずなのに振られた理由について紹介したいと思います。

■一緒にいることで性格が合わないと思われたから

最初は女性側も「いい人!」「好きになれそう!」と思っていたものの、一緒にいる時間が長くなるにつれて「性格が合わない」と思ったために振った可能性があるでしょう。

女性と一緒にいる時に愚痴を多く言ってしまったとか、自慢話ばかりしてしまったなど、思い当たることがありませんか?もしかしたらどこかに原因となる行動があったかもしれません。

■何か失礼なことを言ったから

一緒にいるときに女性の地雷を踏んでしまったために振られたことも考えられるでしょう。女性は言われたことをよく覚えているものです。

例えば「今日の洋服面白いね」と言っただけで嫌な気持ちになることもありますよ。

■順番を間違えたから

確実に脈アリだと思ったからキスをしようとした、体の関係を迫ろうとしたなんてことがありませんか?順番を間違えてしまったために告白しても振られたという男性もいると言われています。

女性は、男性が思っている以上に順番を気にしていると思ったほうがいいですね。誠実な人を好きになる女性は多いので、不誠実と思われてしまい振られてしまった可能性もありますよ。

■他の人を好きになったから

脈アリと思っていた女性から振られたとき、もしかしたら告白する時期が遅かった可能性もありますよ。なかなか告白されないために違う人を見て、違う人を好きになったために振ったということも考えられるでしょう。

女性って男性が思っている以上に恋愛のスピードが早いこともあります。脈アリと思って安心していたら女性の心変わりが起きていることも十分にあり得るでしょう。

■脈アリで振られたときは行動を見つめ直そう

確実に脈アリなのに振られたときは何か問題があった可能性が高いでしょう。男性は自分の行動を見つめ直して次の恋愛に活かすことができるといいですね!(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)