運命的かも?相性の良い男性との「あるある」3選!

写真拡大

相性の良い相手って、男女問わず初対面の時点でなんとなく分かる人も多いのではないでしょうか。「この人とは親しくなれそう」とか「悪い人じゃないけど友達にはなれなさそう」なんて思うこともありますよね。

では、相性の良い男性と出会った時にはどのような気持ちになる人が多いのでしょうか。自分にとっての運命の人を見逃さないように、多くの人が思う「あるある」なことをチェックしてみましょう。

■連絡するタイミングが似ている

「そろそろ相手と会いたい」とか「相手と遊びたい」と思った時、自分から連絡しようとした時に相手から連絡が来るのは、相性が良い証拠。お互いに恋愛の波長が似ているからこそ、そのような偶然の一致が起きるのです。付き合ってからもお互いに不満を溜めることなく快適なペースでデートができるカップルになれるでしょう。

■笑いのツボが合う

最初から些細な会話で笑うタイミングが合っている人も、相性が良い人だと考えられます。「一緒にいて楽しさを感じる」というのは、友達でも恋人でも非常に重要なポイントです。同じ番組やお笑い芸人を好きなことが発覚することで、相手との会話が一気に盛り上がって意気投合することもあるでしょう。

■なぜか失敗が多い

最初から相性の良さが分かるような、いわゆる「運命の人」が目の前にいるのなら、失敗せずに可愛い自分だけを見てほしいと思うのも当然のことです。ですが実は、相性が良い人が近くにいると、初対面から失敗が増えてしまう人も多いんだとか。

普段履いてる靴なのに靴擦れしてしまったり、なぜか急にお腹が痛くなってトイレの回数が増えたりすることもあるかもしれません。恥ずかしく感じるかもしれませんが、それこそが相性の良い証拠かもしれませんよ。

■相性が良い男性は波長が似ているから分かるかも?

相性の良い男性と出会うと、最初から波長が似ていて意気投合することもあり、なんとなく気付く人も多いと言われています。もしかしたら、今既に仲の良い男友達として接している人が運命の人かもしれません。自分にとっての最高の出会いを見逃さないように、常にチェックの目を光らせることを忘れないでくださいね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)