岩田剛典がどうしようもなく愛おしい…『シャーロック劇場版』が描く“ブロマンス”

 ディーン・フジオカと岩田剛典が名バディに扮して難事件を解決していく月9ドラマ『シャーロック アントールドストーリーズ』(2019年、フジテレビ系・以下、ドラマ版『シャーロック』)の劇場版である『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』(以下、『シャーロック劇場版』)が、2022年6月17日(金)より全国で公開されている。

 彼らの名推理の数々とは裏腹に、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンのイニシャル(それぞれ、S.H.とJ.W.)を持つ誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮潤一(岩田剛典)の関係性を一言で説明するのは難しい。

「LDHとイケメン」をこよなく愛する筆者・加賀谷健が、ドラマ版で描かれた獅子雄と若宮の関係性をすこし丁寧に確認しながら、劇場版で展開される岩田剛典の“映画的力学”について綴ってみたい。
◆“甘やかな”呼称の変化

 ドラマ版『シャーロック』をみるときの“甘やかな”感覚はどこにあっただろう?

 何だか妙な縁で、わけもわからないうちに獅子雄が若宮のアパートに押し掛け、ふたりは一緒に住むようになる。彼らの間に“特別な何か”が芽生えたことは明らかである。

 でも、やっぱりよくわからない関係性が最終話まで続く。明晰な推理で数々の難事件を獅子雄が解決しても、この関係性には謎が残ると思う。ただし、彼らの関係性の謎を紐解く手掛かりがただひとつあるようにも思う。それは、獅子雄が若宮のことを呼ぶ“呼称の変化”である。

 第1話のラストで獅子雄が、「若宮ちゃん、一緒に暮らそう」と言ったとき、この「若宮ちゃん」の発音ははっきりしていた。それが段々と、若宮の「や」が曖昧になり、最終的には「わかみーちゃん」と発音される。その頃には、ふたりの関係性は、友達を超え、恋人? いや、ともすると恋人を超えた関係にみえてくる。そうした呼称のゆるやかな変化の過程に、視聴者はさまざまな想像を膨らませながら楽しんだ。それがドラマ版『シャーロック』をみるときのあの甘やかな時間だったと思う。

◆「関わらないでくれ」と懇願する若宮

 すべての事件の裏で糸を引く黒幕・守谷(大西信満)に近づくにつれ、若宮は獅子雄の身が心配になってくる。若宮は苦し紛れにこう言った。

「ふざけんな、もうこれ以上守谷には関わらないでくれよ」

「関わらないほうがいい」ではなく、「関わらないでくれよ」なのだ。友人としての助言ではなく、自分の命と同じくらい大切な存在への懇願。若宮の獅子雄に対する気持ちが、愛以外のなにものでもないことが分かる。

 一方で、最終話で守谷に接触する謎を解いた獅子雄が「行くぞ、わかみーちゃん」と言ったとき、若宮はとても嬉しそうだった。「関わらないでくれよ」と言っていたのに、彼は獅子雄と生きる覚悟を決めたのだろうか。若宮が運転するバイクの後ろに乗った獅子雄が、若宮の腰に固く両腕を回す。命と命をあずけあった、それでいて柔らかで特別な関係性。

 守谷と対峙した獅子雄が海に飛び込んだのをみた若宮は、自分も海に飛び込もうとする。埠頭でひとり海をみつめる若宮の横顔には、彼を失ったことへの悲しみが浮かぶ。最終話後に放送された「特別編」の冒頭では、獅子雄捜索の模様が描かれる。ちょっとイライラしながらも、若宮はぐすんと鼻をすする。若宮の言葉にならない気持ちをさりげない表情と仕草で繊細に表現していた岩ちゃん。もうどうしようもないくらい、愛おしかった。嗚呼、わかみーちゃん……。

◆若宮のひとり旅

 では、『シャーロック劇場版』での獅子雄と若宮の関係性に何か変化はあるだろうか? シャーロキアン(シャーロック・ホームズの熱狂的ファン)に人気が高い原作の『バスカヴィル家の犬』は、コナン・ドイル作品の時系列からすると、「最後の事件」を描いたドラマ最終話の前にあたる。獅子雄がひょっこり戻ってくる「特別編」のラストが、「最後の事件」の後日談であるとすると、相変わらず仲良く探偵バディを組んでいる獅子雄と若宮が描かれる劇場版は、一応、「最後の事件」以後として、ホームズが唐突に復活したと考えるのが無難だろう。