使われている漢字はよく見る簡単なものなのに?なんて読むんだろう???本当に読み方合ってるのかな??と悩んだり、ふと読み間違えてしまったりする漢字って案外たくさんありますよね。今回はそんな難読漢字の中から「強ち」の読み方をご紹介します。読むのが難しい漢字もさらっと読める、スマートなアラサー女子を目指しましょ♡

【詳細】他の写真はこちら

「強ち」はなんと読む?

元々読み方を知らないと初見では中々難しい漢字かもしれません。

一般的に「つよい」「キョウ」などという読み方で使う漢字ですが、一体どのように読まれるのでしょうか?

一緒に正解を確かめていきましょう!

正解はこちら!

正解は「あながち」でした!

「強ち」の意味・使い方とは?

「強ち」は元々「強引な様子」「一途な様子」「身勝手な様子」という意味で使われており、現代では「断定しきれない気持ちを表す」「強い否定の意を表す」という意味で使われています。後ろに否定語を伴う「強ち〜ない」という形で100%断定しきれない気持ちを表します。類語としては、「必ずしも」「一概に」「まんざら」など。

「強ち」を用いた例文としては、「強ち嘘とは言いきれない」「君のアドバイスは強ち的外れとも言えない」などがあげられます。

どうでしたか?皆さんはこの漢字、正しく読むことができましたか?

ビジネスシーンでは少しくどい言い方に捉えられてしまう可能性もあるので、使う場面はしっかりと見極めましょうね!

《参考文献》

・『デジタル大辞泉』(小学館)

・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)

・『日本大百科全書』(小学館)

文 / andGIRL編集部