スーパー戦隊シリーズ出身で成功した俳優ランキング 松坂桃李、横浜流星、千葉雄大、1位は?

写真拡大

東映株式会社が制作する戦隊ものの特撮ドラマとして1975年にNETテレビ(現・テレビ朝日)系列で放送を開始した「スーパー戦隊」シリーズ。これまでに数多くの俳優が、同シリーズへの出演をきっかけに大きく羽ばたいていきましたよね。
そこで今回は、スーパー戦隊シリーズ出身で成功したと思う俳優は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 千葉雄大
2位 横浜流星
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

3位は「千葉雄大」!


2010年にスーパー戦隊シリーズ34作目『天装戦隊ゴセイジャー』で俳優デビューし、同年よりモデルとしても活動。その後、大河ドラマ『平清盛』(NHK)や『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)などに出演して注目される。2022年には、ドラマ『ダブル』(WOWOW)で主演を務めている。

生年月日:1989年3月9日
出身地:宮城県
出演作:天装戦隊ゴセイジャー(ゴセイレッド/アラタ 役)

2位は「横浜流星」!


2011年に特撮ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)で俳優デビューし、2014年〜2015年放送のスーパー戦隊シリーズ38作目『烈車戦隊トッキュウジャー』でメンバーの一員を演じて人気となる。2022年8月26日公開の映画『アキラとあきら』では、竹内涼真とダブル主演を務めている。

生年月日:1996年9月16日
出身地:神奈川県
出演作:烈車戦隊トッキュウジャー(トッキュウ4号/ヒカリ 役)

1位は「松坂桃李」!


モデルとして芸能界入りし、2009年にスーパー戦隊シリーズ33作目『侍戦隊シンケンジャー』で俳優として活動を開始する。その後も数々の話題作に出演し、映画『孤狼の血』で「第42回 日本アカデミー賞」の最優秀助演男優賞を受賞。2021年には同作の続編『孤狼の血 LEVEL2』で主演を務めた。

生年月日:1988年10月17日
出身地:神奈川県
出演作:侍戦隊シンケンジャー(シンケンレッド/志葉丈瑠 役)

2022年8月現在公開中の映画『流浪の月』では、広瀬すずとダブル主演を務めている人気俳優が1位に選ばれた今回のランキング。気になる4位〜36位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたがスーパー戦隊シリーズ出身で成功したと思う俳優は、何位にランク・インしていましたか?

写真:タレントデータバンク
(松坂 桃李|1988/10/17生まれ|男性|神奈川県出身)
(千葉 雄大|1989/3/9生まれ|男性|O型|宮城県出身)

調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
投票合計数:有効回答者数:500名(20〜40代男女:複数回答)
調査期間:2022年7月28日〜2022年7月28日