使われている漢字は小学校で習う簡単なものなのに?なんて読むんだろう??と悩んだり、ふと読み間違えてしまったりする漢字って案外たくさんありますよね。今回はそんな難読漢字の中から「勤しむ」の読み方をご紹介します。読むのが難しい漢字もさらっと読める、スマートなアラサー女子を目指しましょ♡

【詳細】他の写真はこちら

「勤しむ」はなんと読む?

「勤」という漢字は色々読み方があって、どうやって読むんだろう?と悩みがちですよね・・・

あなたの読めそうで読めないというそのモヤモヤ、一緒に解決しませんか?

正解は下にスクロールしてみて!

正解はこちら!

正解は「いそしむ」でした!

「勤しむ」の意味・使い方とは?

「勤しむ」とは「熱心につとめ励む」「精を出す」ことの意味。「勤しむ」を用いた例文としては、「勉学に勤しむ」「大会の為にレーニンングに勤しむ」「最近は学校帰りにランニングに勤しむ人をよく見る」などがあげられます。

「勤しむ」はただ単に「何かをやる」「取り組む」という趣旨だけでなく、「誠心誠意張り切って頑張っている」という意味合いが込められているので、文面や口頭で相手に自分の状態や近況を丁寧に伝えたいときに使用するのが適切です!

どうでしたか?皆さんはこの難読漢字を正しく読むことができましたか?

「勤」はこの他にも「つとめる」と読むこともできるので一緒に覚えておきましょう!

《参考文献》

・『デジタル大辞泉』(小学館)

・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)

・『日本大百科全書』(小学館)

文 / andGIRL編集部