子どもの「アレルギー」いつ、どう気づいた?ママたちに聞いた“気をつけたいポイント”

写真拡大

気をつけていても、実際に何に反応するのかわからないのが「子どものアレルギー」です。

【実録】“ママ友トラブル”で仲直りできた人 #3「アレルギーの話」

体に異常が出て、病院に連れていって初めてアレルギーだと気がつく場合も多いですよね。

早期の発見と治療で改善されることも多いアレルギーですが、いま出ていないとしても、普段からどんな点に気をつけると良いのでしょうか。

アレルギーを持つ子のママたちに、子どものアレルギーに気が付いたときの様子や、気をつけたいポイントなどを聞いてみました。

ママたちに聞いた!子どもの「アレルギー」に気づいたとき

家族が大丈夫でも…

「我が家は私も夫も動物が好きで、それぞれ実家では犬を飼っていました。

結婚してからは猫と一緒に暮らしていて、赤ちゃんの頃から過ごしている長男は何もなかったのですが、大変だったのは長女。

生後半年あたりだったと思うのですが、指や手首、頬などに湿疹が出てかゆがり、病院に連れていくと『猫アレルギーですね』と言われました。

長男に何もなかったせいか、その可能性はまったく考えてなくて、本当に驚きました。

娘の症状が落ち着くまで、飼っている猫は同じく猫好きな友人が預かってくれることになり、寂しいけれど仕方ないですよね。

動物系のアレルギーは、親やきょうだいが出ないからといって安心できないのだなと思いました」(32歳/総務)

自分たちや先に産まれた子どもが大丈夫なら、動物系のアレルギーはなかなか気が付きません。

何に体が反応するかは人それぞれなので、症状が出たときは、食べ物やハウスダストなどと同時に飼っているペットについてもアレルギーの可能性を考えるのが正解。

ペットの場合は離れ離れになるのがつらいですが、治療が進めば症状の改善もそれだけ早いので、アレルギーが判明したらすぐに手を打つことも大切ですね。

お花見に行ったら…

「息子が花粉症だとわかったのは5歳のとき。春、家族でお花見に行ったら息子だけくしゃみが止まらず、鼻水が出て目のかゆみを訴えるので耳鼻科に連れていくと『花粉症ですね』と言われてびっくりしました。

どこかで『花粉症は大人が発症するもの』と私は思い込んでいて、子どもなのにこんなに早くアレルギーが出るのかとショックでした。

調べてもらったらスギに反応するとわかり、それからは薬を服用しながら外出はマスクが必須、家にいるときも空気清浄機を24時間つけっぱなし。

花粉症の薬はやはり眠気が来るのかボーッとしているときが増えたけど、家のなかでもなるべく一緒に遊んで気をそらしています。

治療はまだ続いていますが、薬のおかげで息子が過ごしやすくなっているのはうれしいです」(36歳/看護師)

花粉症といえば、大人になってからそうだとわかる人が多い印象ですが、実際は子どもでも発症します。

熱はないのに鼻水が止まらなかったり目がかゆかったり、特有の症状が出るのでわかりやすいともいえますが、いつもと違うと思ったらすぐに受診するのが肝心。

日常生活でなるべく花粉に触れないようにするのと同時に、薬の服用もしっかり続けていきたいですね。

「慎重さ」も大事!

「現在8歳の息子ですが、生後7ヶ月くらいのときに卵アレルギーだとわかりました。

一年前に妹が長女を産んでいて、パンを食べてじんましんが出た話を聞いていたので、私自身子どものアレルギー反応について勉強し、気をつけていました。

しっかり茹でた卵の黄身だけを、離乳食に少し混ぜて食べさせてみたら大丈夫だったのですが、白身が増えると口の周りが赤くなり、首にじんましんのようなものが浮いてきたためすぐに中止し、病院へ。

調べてもらったらやはり卵アレルギーと判明し、いきなり大量に食べさせなくて本当によかったと思います。

幸いなことにアレルギーは卵だけで、その後は気をつけていれば特に悪化することもなく、ほかのお肉や野菜はしっかり食べています。

うちの子は大丈夫と思わず、最初は慎重になることが大事だと思いますね」(37歳/金融)

身近なところで食物アレルギーの話を聞けば、我が子に与えるときは慎重になりますよね。

何にどう反応するのかわからないのがアレルギーであり、症状について知っておくこと、また対処法などもわかっていれば、何かあったときにすぐ動けます。

怖がりすぎて最初から与えないことも問題ですが、正しい知識を持って始めることを忘れたくないですね。

子どものアレルギーは、いつもと違う様子に気づいたらすぐ受診することが最善といえます。

自分で「大丈夫だろう」と判断するのではなく、「何に反応するかわからない」という心構えが大切です。

治療が早いほど症状も落ち着き、また改善されれば子ども自身も楽になります。

環境の変化や新しい食べ物などは、普段から注意して様子を見ておきたいですね。