2021年度にJAFに寄せられた出動要請は215万8586件にも及びます。出動理由のトップ3は「バッテリー上がり」「タイヤのパンク」「落輪・落込」となっており、トップのバッテリー上がりは、出動要請全体の40.74%を占めるトラブルです。

特に夏は、バッテリーに厳しい時期と言われます。なぜ夏場にカーバッテリーは上がりやすいのか、その理由を解き明かしていきましょう。

夏は車も電力がひっ迫しやすい…なぜ?

ライト類やオーディオなど、車の中には電気を使用して動くものが数多くあります。中でも電力消費が大きいのはカーエアコンです。

電装品は、車に搭載されたバッテリーの中の電気を使用して動いています。車の動力となるのはエンジンですが、電気もエンジンの動力を使って作られています。

車には、エンジンの動力を電気に変える発電機(オルタネーター)が搭載され、エンジンが動いている状況で、常に発電を行い、バッテリーへ充電を続けているのです。

©Viktor/stock.adobe.com

バッテリー上がりは、エアコンなどによって使用される電力が、オルタネーターの発電量を越えて長い時間使用され、バッテリー内の電気が無くなることで発生します。

特に夏場は車内温度が高くなりやすく、大きな電力を使用するエアコンの作動時間が長くなります。車にとっても、夏は電力需給がひっ迫しやすく、バッテリー上がりを起こしやすい季節なのです。

■高温下にあることもバッテリー上がりを助長する

電気の使用量が増え、充電量が減ることの他にも、夏場の高い気温や強い日光なども、バッテリー上がりの一因と言えます。

バッテリー(電池)は温度によって動き方が大きく変わります。夏でも冬でもバッテリー上がりは起きやすいのですが、その原因は全く違うということです。

気温が下がり、低温の状態になると、バッテリーのパワーが下がり寿命が短くなります。冬の朝に突然、前日まで動いていた車のエンジンがかからなくなるというのは、バッテリーのパワーが下がり、エンジンをかけられるだけの電気を送れなくなることが原因です。

©Koonsiri/stock.adobe.com

反対に、夏のような高温下に置かれると、電気は化学反応によって発生し、その反応は温度が高くなればなるほど活発になります。これだけだといいことが多いように思えますが、化学反応が活発に起こると、バッテリーの自己放電を進めてしまうのです。

つまり、寒い環境では力が無くなるバッテリーですが、夏の暑い状況では自己放電により電気の容量が減っていくことになります。

エアコンなどで酷使され、電気の容量が減っている夏場のバッテリーは、高温下に置かれることによって、自らの化学反応を進め、蓄えた電気を発散してしまいます。

夏は、こうした状況が重なりバッテリー上がりが起きやすくなるというわけです。

バッテリーの寿命以外にも気を付けたいことは?

カーバッテリーの寿命は2~3年と言われています。長期間使用し続けられるものも一部ありますが、内部の劣化は進み、電気を溜められる量は少なくなっていきます。安心して使用するのであれば、車検ごとのバッテリー交換をおすすめします。

また、電気を溜める力は十分でも、肝心の発電が出来なければ意味がありません。車の中の発電機(オルタネーター)も、使用していけば劣化が進み、発電量が落ちてしまいます。オルタネーターの健康状態も、定期点検でしっかりと確認しておくと良いでしょう。

©cherylvb/stock.adobe.com

さらに、近年搭載が増えた低燃費に貢献するアイドリングストップ機能は、バッテリーに大きな負荷を与える機能でもあります。

街乗りの短距離走行でアイドリングストップを繰り返すと、十分な発電が行われず、過放電状態となり、バッテリーには厳しい使い方となります。点検整備をしっかりと行うとともに、たまには長距離ドライブをしてあげることが、カーバッテリーを助けることにもつながります。

この夏は、家庭の電気とともに、車の電気にも目を配ってみてはいかがでしょうか。