22F1第13戦ハンガリーGP決勝。表彰式でトロフィーを手に優勝を喜ぶレッドブルのマックス・フェルスタッペン(2022年7月31日撮影)。(c)ATTILA KISBENEDEK / AFP

写真拡大

【AFP=時事】22F1第13戦ハンガリーGP(Hungarian Grand Prix 2022)は31日、決勝が行われ、レッドブル(Red Bull)の世界王者マックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)がまたしてもフェラーリ(Ferrari)勢のミスに乗じ、予選10番手から逆転優勝を果たした。

 第12戦フランスGP(France Grand Prix 2022)優勝から1週間、フェルスタッペンはルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)とジョージ・ラッセル(George Russell)のメルセデスAMG(Mercedes AMG)勢を抑えてハンガリーで初勝利を飾り、今季8勝目、通算28勝目を挙げた。年間順位では、2位につけるフェラーリのシャルル・ルクレール(Charles Leclerc)とのポイント差を80に広げた。

 ルクレールはこの日最速のドライバーに見えたが、予想外のハードタイヤを与えられ、チームメートのカルロス・サインツ・ジュニア(Carlos Sainz Jr.)、レッドブルのセルヒオ・ペレス(Sergio Perez)よりも下の6位でフィニッシュ。このところチームが復調していた中で本人にとっても、チームにとっても痛恨の結果となった。

 フェルスタッペンは「けさ目を覚まして、僕らが勝つと誰が思っただろうか」とコメントした。

「できるだけ表彰台に近づきたいと思っていたが、非常にトリッキーなレースだった」

「それでも僕らには非常に優れた戦略があり、対応も非常によく、常に適切なタイミングでピットインできた」

 マクラーレン(McLaren)のランド・ノリス(Lando Norris)が7位に入り、年間優勝2回のフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)とエステバン・オコン(Esteban Ocon)のアルピーヌ(Alpine)勢が8位と9位、引退を発表した優勝4回を誇るアストンマーティン(Aston Martin F1)のセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)が10位で続いた。

 アルファタウリ(AlphaTauri)の角田裕毅(Yuki Tsunoda)は19位だった。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
予選10番手フェルスタッペン 「厳しい」決勝を覚悟 ハンガリーGP
ラッセルがフェラーリ勢抑え初PP獲得 ハンガリーGP
レッドブル代表、ポルシェとの提携に向け直面する障害明かす