相馬勇気(撮影:スエイシナオヨシ/PICSPORT)

写真拡大 (全5枚)

E-1選手権が日本の優勝という素晴らしい形で終わりました。同時に、招集されたすべての選手がピッチに立ち、ワールドカップのメンバーに入れるかどうかというテストを受けました。まずこの大会で僕が目に付いた選手について。

最初は何と言っても相馬勇気でしょう。3試合を通じてインパクトを与えたと思います。どの相手にもドリブルが通用するところを見せましたし、セットプレーで1ゴール1アシストしています。大会得点王でMVPにふさわしい活躍をしました。

同じく大会得点王になった町野修斗はしっかりボールを収めてキープできるのと同時に、ゴール感覚があるところを見せました。90分間の中でムラはありますが、このレベルだときちんと結果を出せると数字で語りました。今後に期待できるでしょう。

藤田譲瑠チマは視野の広さとボールコントロールの巧みさをアピールしたと思います。柔らかなボールを供給した韓国戦のアシストは、パスのセンスが抜群なのも証明してくれたと思います。また、韓国戦の後半は前半に比べてグッと前にボールを付けたり飛び出していくプレーが増えたので、さらによさが発揮されていました。

では誰が今回の選手の中でワールドカップに行けそうか。

ワールドカップアジア最終予選にも出ていた谷口彰悟と山根視来以外で言うと、相馬ぐらいではないでしょうか。ただし、相馬が狙っている中盤のポジションは一番競争が激しい場所。食い込んでいくのは相当大変だと思います。ですが、今回の活躍を見ると選ばれてもおかしくない存在でしょう。

もちろん、今年はワールドカップ直前までリーグ戦があるため、ケガなどで選考が大きく変わる可能性があります。選手のみんなにはぜひ今後も活躍して、アピールしていってほしいと思います。

(撮影:スエイシナオヨシ/PICSPORT)