「私ってもしかして嫌われているのでは……?」と不安になったり「あの人実はあんまり良く思われてない……」なんてモヤっとすることはありませんか?

この記事では、実際のエピソードも踏まえた「裏で嫌われている人」がしがちな言動をご紹介します。

裏で嫌われている人の言動

自称サバサバ系の発言をする

「私ってサバサバしてるからさ~」と名乗るような自称サバサバ女子が実は一番ネチネチしている場合もあります。

「サバサバしてる私っていい女」だと思って自発的に発言しているのかもしれませんが、周りは引いてしまっているでしょう……。


他人をネタにして笑う

他人をネタにして面白がっている人がいますが、周りは全く楽しい気分になりません。

基本的に人の容姿についてとやかく言う人は心が貧しい人だと思われ、周りから人が離れていってしまうでしょう。

「大学時代の知人なのですが、10年ぶりに再開した時に一緒に居酒屋で飲食を楽しんでいると、突然近くの席に座っていたカップルの男性について語り出しました、内容は『あの男の腕時計見てみ!安い時計してるよな~!恥ずかしくないのかね?男ならハイブランドの高級腕時計くらいしないと格好つかないよな!?』という内容でした、私は率直にイヤイヤ···お前のその勘違いとも言える価値観や他人のファッションスタイルを否定する人間性のほうが格好悪いよ!と心の底から思いました。」(40代/男性/会社員)


見えないところで悪口を言う

悪口を向けられた相手よりも、悪口を言った相手の方がマイナスになりがちです。

軽い気持ちで言った愚痴でも言った本人の評価を下げてしまう可能性が高いので、悪口は言わないほうが良いでしょう。

「表面的には誰にでもニコニコと愛想がいいのに、嫌いな相手に対しては陰で何かと悪口を言っている人が職場にいました。主にバカにするような発言で聞いていて気分が悪かったです。」(30代/女性/主婦)


自分の写りを優先してSNSに写真をのせる

自分が写りがいい写真をSNSにあげて、友達は変顔でもお構いなし……のような女性はいませんか?

みんなでワイワイ楽しく撮った写真も「周りの子よりも自分の可愛さをアピールしたいだけじゃ?」と、周りからはネガティブに捉えられます。自分の写りを気にする気持ちは十分にわかりますが、周りへの配慮も必要でしょう。

「写真を撮るときにその子がかわいい写りじゃないとSNSにあげなかったり、何度も取り直しをさせられたことがありました。自己中だなと感じましたね。」(30代/女性/フリーランス)


人によって態度を変える

誰にでも人によって態度を変わることはあるでしょう。また人によって態度を変える人は上司や先輩に好かれたりメリットもあります。

しかしそれがあまりにも露骨であれば「この人は損得勘定で行動をとる人だ……」と思われ、深い付き合いが中々できなくなる可能性があります。

「後輩の前では上から見下したような態度なのに、上司には下手にでてほめちぎっている人がいました。尊敬できないなと感じてしまいましたね。」(20代/女性/会社員)


少しの言動でマイナスイメージに…

自分では気にしていなかったり、むしろよかれと思っていた行動でも実は嫌われる原因になることも……。

今回ご紹介した言動を参考に、自分も同じようなことをしていないかチェックしてみてくださいね。