好きな人や恋人に送ったLINEが既読スルーになった経験がある人は多いのではないでしょうか。既読スルーされると、次のLINEを送って良いか迷いますよね。

今回は、既読スルーされたあとに送る、効果的な追いLINEをご紹介します。既読スルーにめげずに、追いLINEしてみませんか。

全く別の話題でLINEを送る

既読スルーの追いLINEで効果的なのは、まったく別の話題を振ることです。相手から返事が来ないのに、次の話題を振っていいか迷う必要はありません。あなたのLINEが既読スルーされたのは、相手にとってその話題への返信する必要がないと判断した可能性があるからです。

しかし、何度も別の話題を振り続けることにも限界がありますよね。そこで追いLINEで話題転換するときは、相手の返信が必要な内容にするか、既読スルーから半日程度は時間を空けるのがオススメです。

具体的な予定を聞く

既読スルーされた内容が具体的な要件ではないLINEの場合は、具体的な要件で追いLINEをしましょう。事務的な連絡でしかLINEを使わない人の場合、具体性のないメッセージは返信が億劫かもしれません。

そこで、追いLINEでは「〜日と〜日のどちらがひま?」や「〜に行ってみない?」など事務的な返信ができる内容にすると相手も返信しやすくなりますよ。

スタンプや画像を送らない

既読スルーがさみしいからといって、スタンプや画像で埋めることはあまり良くないでしょう。

なぜなら、送られてきた画像やスタンプに対して返信する必要がないと判断される場合があるからです。どうしても相手に送りたい画像があるときは、具体的な言葉を足して送ると相手が返信しやすくなります。

追いLINEをするときは、文章で伝えるほうが効果的です。あいさつ+αで、きちんと中身のあるLINEにすることを心がけてみましょう。

あなたの送ったLINEは相手が返信しやすい内容になっていましたか?

手軽に送れるLINEだからこそ、相手に返信不要の内容と判断されてしまうこともあります。既読スルーの追いLINEは具体的な内容で、簡潔に送ると良いでしょう。

あわせて読みたい


💖気がつけばあなたに夢中♡ 彼に早く返事がほしいと思わせるLINEテク