英ロンドンのキュー王立植物園で発見されたオオオニバス属の新種(2022年7月4日撮影)。(c)JUSTINE GERARDY / AFPTV / KEW ROYAL BOTANICAL GARDENS / AFP

写真拡大

【AFP=時事】英ロンドンのキュー王立植物園(Kew Gardens)は4日、スイレン科オオオニバス属の新種を発見したと発表した。新種の発見は19世紀半ば以来となる。

 オオオニバス属はこれまで、「オオオニバス(Victoria amazonica)」と「パラグアイオニバス(Victoria cruziana)」の2種類が知られていた。新種はオオオニバスだと思われており、キュー王立植物園で177年間、ボリビア国立植物標本室(National Herbarium of Bolivia)で34年間、気付かれずにいた。

 しかし今回、キュー王立植物園とボリビアの専門家らが調べたところ、第3の種であることが判明した。数年にわたる調査の研究結果は4日、学術専門誌「フロンティアーズ・イン・プラネット・サイエンシズ(Frontiers in Plant Sciences)」に掲載された。

 新種のオオオニバス属「Victoria boliviana」は、野生では葉の直径が3メートルにもなり、世界最大。種は、ボリビアのサンタクルスデラシエラ(Santa Cruz de La Sierra)植物園とラリンコナダ(La Rinconada)植物園から寄付された。

 植物学者ルーシー・スミス(Lucy Smith)氏は過去4年間、キュー王立植物園の温室でこの種を育てていた。「普通の風景の中に、この素晴らしい秘密がずっと隠されていた」

「Victoria boliviana」の名称は、共同研究を行ったボリビアチームをたたえるとともに、新種の生態系にちなんでいる。

 オオオニバスとパラグアイオニバス、新種のスイレンがそろって見られるのは、キュー王立植物園のみ。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
地元の「国宝」 直径1.5mのオオオニバス パラグアイ
体重300キロの淡水エイ発見、「世界最大」淡水魚 カンボジア
コメもコーヒーも希少に? 温暖化から救うカギは野生の祖先種