「本社には一度も行ったことがありません」というフルリモート転職の働き方とは? (写真:y.uemura/PIXTA)

中途採用マーケットで、「勤務地を問わない新規求人」が増えている。フルリモート勤務を条件とする転職、ということだ。「コロナ明け」の競争力強化を睨む企業の人材獲得は、個人が最適な働き方を選ぶ、ということを許容し、なお一層、激しさを増す。では、フルリモート転職を果たした人たちは、新天地でどのような働き方をしているのだろうか。2社の例を追った。

最初はフルリモートという条件ではなかったが

浜松に本社を置くソミックマネージメントホールディングスは、自動車部品メーカーのソミック石川、ソミックエンジニアリングなどを傘下に収める持ち株会社。同社はコロナ禍の現在、フルリモート勤務を条件とする中途採用を積極的に行っている。

「働き方の多様化という観点から、仮にコロナがなかったとしても、いずれフルリモートや出社とのハイブリッド勤務は実現していただろうと思っています」


コロナ禍における転職のリアルを追っていきます。画像をクリックすると連載一覧ページにジャンプします

こう説明するのは取締役の大倉正幸さん。「10年ぐらい早回しで、未来が来たという感覚です」。

もともと同社は、働き方への配慮がある会社。選択的週休3日制を導入するなど、業界では個性的な施策で知られる。

「基本的な考えとして、選択肢がたくさんあって、それを活用してその時々にやりたいチャレンジができることがいい仕事につながると思っています。人間らしく仕事をすることで、より社会に貢献できるのではないでしょうか」

なるほど、スタートは偶発的な理由によるが、スタンスとしては前向きな施策ということか。では、フルリモート勤務をする社員に話を聞いてみよう。

2020年5月に入社した岡祥文さんは、グローバルICTシステム部 DX推進室長。前職は大手メーカーで、設計開発部門のマネジメント職だった。

「経営大学院に通っていた頃に大倉と知り合いました。ソミックで事例紹介などをしてほしい、と依頼され、コンサルタント的に関わったことが最初の接点でした。その後、関心のあったDXで腕を振るえると考えて転職したのですが、その面談もすべてリモートでしたね」

実は岡さん、最初からフルリモート勤務という条件だったわけではない。大倉さんが説明する。

「私どもの会社は、2020年3月31日まではリモート勤務すらゼロでした。ただ、世の中的にもコロナのなんたるかもわからず、不安が高まっていた状況。そこで社内に災害対策本部を立ち上げて、4月末までの1カ月でリモート勤務100%にする状態を作れ!と号令をかけて、体制を整えました。岡さんは、そんな渦中にウチに来てくれたことになります」

「東京にも当社の拠点がありますので、初めは東京と浜松とで半々ぐらいの勤務になるのかな、と考えていました」と岡さんも振り返る。「ただ、その直前にコロナが真っ盛りとなり、フルリモート勤務ということに。私は神奈川県に住んでいますが、入社以来、浜松の本社には一度も出社していません」

「地元にいながら、自分が面白いと
思える環境で働けるのが魅力」

岡さんの担当するICT、DXという分野であれば、フルリモート勤務とも親和性が高いと感じられるが、ほかの例もある。

三浦周さんはグローバル人事部のスタッフ。千葉県に住んで、必要に応じて浜松にも出社するというハイブリッド勤務をしている。

「担当しているのは採用と人材育成。日々リモートで採用面接をしたり、社内研修の事務局として会場を押さえたり、運営をサポートする、という業務です」

リモートで研修を仕切るのはなかなか大変だと思うが、実際にはどうなのだろうか。

「現場にいるスタッフと連携しますし、必要なときは出勤しますので、特に問題はありません」

前職は、人材系ベンチャーで、新卒採用の1期生。自己研鑽のプログラムで出会った大倉さんの誘いを受けて、2020年4月に転職した。

「リモートのいいところは、自分の裁量で仕事がしやすいこと。もちろん現場でなければつかめないものがあることも確かですが、そこは状況に応じて行くべきときには行く、ということでスムーズに仕事ができています」


ソミックマネージメントホールディングス取締役・大倉正幸さん(下右)、グローバルICTシステム部 DX推進室室長・岡祥文さん(下左)、グローバル人事部 人財開発室採用1G・三浦周さん(上左)、グローバル人事部 人財開発室採用2G・綾部みかさん

一方、同じ人事部で採用を担当する綾部みかさんは、なんと遠く大分県在住。2022年1月に入社した。

「採用業務では学生ともエージェントともリモートでやりとりしています。もともと三浦がいた会社でインターンをしたことがありました。声をかけてもらったのは、新卒で入社した東京のスタートアップをやめて大分に戻り、次のステップに悩んでいたときです。親元を離れられない事情もありました。大分にいながら、自分が面白いと思える環境で働ける。ソミックはいろいろなことに挑戦している会社で、自分も一緒に成長できる、と思いました。ですから、話があって1カ月も経たずに入社を決めました」

工場を抱える製造業は、リモート勤務とは相容れないが、職種によってはフルリモートもハイブリッドも可能、ということだ。

大倉さんは言う。「リモートに悪い面はありません。リモートという特別な働き方があるのではなく、人の力をより引き出す選択肢の1つ。この流れは、コロナが終息しても、当社の場合は変わらないでしょう」。

大分県にいても、浜松の会社でグローバルな視野を持ってやりたいチャレンジができる。これがリモート転職の本質を表しているようだ。

「人がいなくて新しいチャレンジができないな」
ウズウズしていたところに道が見えた

一方、岡山県倉敷市に本社を置くDTP、広告制作会社のスタイルプロダクツは、新潟市在住のWEBプロデューサーを中途採用した。

「紙媒体の仕事が減り、クライアントの広告費用がWEBに流れていくのを肌で感じていて、社内を強化したいと考えました」

守屋将志社長は、こう振り返る。

「といっても、岡山では人材が限られますし、仮に優秀な人材がいたとしても、育成するのは難しい。そもそも、新しい分野に出ようとするわけですから、教えることができない。となると、広く全国を見る必要があります。フルリモートを条件にしましたから、新潟の方を採用することになったのは特に驚くべきことではありません」

2021年11月に入社した小林浩紀さんは、WEBのプロデュース経験が豊富で、29歳で起業し、2つの会社を経営していた。

「万一に備えてビズリーチに登録しており、経歴書はマメに更新していました。今のタイミングで就職したかったわけではなく、いい会社があれば、と考えたところ、スタイルプロダクツからスカウトがかかったのです」

起業して以来、新潟に拠点を置きながら10年以上にわたって仕事を続けてきたが、地元にこだわったのは新潟で納税して、貢献したい、という気持ちがあったから。また、今回の場合は、幼い子どもがコロナに感染するのが怖い。それで、新潟にとどまることを条件とした。

スタイルプロダクツが求めていたのは、クリエーティブなスキルを持つと同時に、幹部社員として会社の軸になってくれる人材。その点、会社経営の経験もある小林さんは適任だった。

「新潟在住、逆に面白い」

「知見が広くて深いし、人柄もいい。面談のときに、早くもいろいろな事業アイデアを共有できたので、是非に、と思いました。新潟在住というのも、逆に面白いと思いました。会社の将来構想に世界中のクリエーターとつながって仕事をするということがあって、遠くにスタッフがいると広がりも感じさせる。東京や大阪にしか優秀な人材がいないわけではない、とも考えていました」(守屋社長)

入社後に、リモートによる新商品会議を実施したところ、談論風発して2時間を超えるほどの盛り上がりだったのだという。アイデア豊富な小林さんは最初から会話に溶け込み、既存社員も含めてさまざまな意見が飛び交った。

「そこで出てきたアイデアは、どれもすごい資金がいるとか、深い研究が不可欠ということではなくて、頑張って注力すればできる、というものばかり。?人がいなくて新しいチャレンジができないな?とウズウズしていたところに道が見えて、前に進むイメージが持てたことは大きい。このタイミングで小林さんを採用したのは正解でした」(守屋社長)


スタイルプロダクツ社長・守屋将志さん(上左)、小林浩紀さん(下)

小林さんも前向きである。

「入社しようと思った決め手は、自由な取り組みを推奨してくれること。やりたいことがいろいろできそうだ、と感じました。プレッシャーもありますが、自分が成長できるとも思いました。フルリモートは違和感がありません。起業してから基本的にはリモートワークで、海外の人ともやりとりしてきましたから、どこででも仕事をやっていく自信はあります」

「勤務地を問わない新規求人数」は
コロナ禍前の11.3倍に上昇

ビズリーチによれば、同社サイトに掲載されている「勤務地を問わない新規求人数」は、コロナ禍前と比べると、11.3倍に上昇したという。リモートワークを条件とする採用を行う企業が増えている、ということだ。求職者の側からいうと、転居せずに遠隔地にある企業に転職する道がひらけたことになる。物理的な制約がなくなれば、その分、選択肢は広がるわけだ。


「コロナ禍の中、リモートワークという働き方が広がったことで、今後、転職の際に?リモートワークの有無?が選定基準の1つとなっていくのは間違いありません」

ビズリーチ統括部長の伊藤綾さんは、このように指摘する。

「その中でも獲得競争が激化しているIT人材は、リモートワークを希望する方が多い印象です。しかし、業界や職種により、求職者側の希望は異なりますし、採用企業側の考えもさまざまです。そのため、コロナ明けもリモートワーク等の柔軟な働き方をどのように取り込んでいくかが、採用力につながると思います」

コロナによるリモートワークの常態化によって、働く個人の意識と行動は大きく変わった。理想の働き方を求める優秀な人材を採用するには、企業もまた新しい現実に対応する必要がある。

(間杉 俊彦 : フリーライター)