人の性格は「買い物の仕方」にいちばん表れやすく、物の選び方は、パートナーの選び方にも共通します。アタナは慎重派? 衝動派?

買い物の仕方からわかる恋愛傾向チャート診断

出典: 美人百花.com

【A】冷静に吟味しまくる 思考恋愛型Lady慎重になりすぎて物足りなさも!?

思考タイプのアナタは服を買う際、着回しできるか、同じような服を持っていないかなどさまざまなことを吟味してから購入します。さらに、初デートに選んだ濃紺には「冷静な感情を作り出す」効果があり、一時的な感情に流されない意志の表れともいえます。わかりやすく言えば、決してノリでつき合わない堅実なレディ。慎重さがあるのでひと目ぼれはあまりせず、見た目よりもLINE文のワードセンスや頭の良さ、自分との相性を吟味して相手を選びます。そして、優良物件と巡り合えたら簡単には手離そうとはしません。ただ、つき合い方も建設的になってしまうので「これって恋愛なの?」という物足りない感覚に陥ることも。純粋な感情タイプや、感覚タイプにほんろうされることで、初めて大恋愛をした感覚が持てるかもしれません。

【B】衝動的に恋する 感情恋愛型Lady好きか嫌いかですべてを決めがち

物事を「好き・嫌い」「快・不快」で判断するアナタ。なので、買うアイテムも機能性よりも「可愛さ」が大事で、さらに、周囲から見られても好感度が高そうな洋服を好みます。恋愛においても「好き」という感情を惜しみなく出すので、とても素直で可愛らしいレディと言えます。ただ、相手とも「好き、心地よい」という感情を共有したい欲が強いので、そこに温度差が生じると敏感に反応して、喧嘩に発展するケースも。また、アナタが初デートで選んだ淡いピンクやブルーは赤ちゃんの産着にも使われているように相手の「庇護欲」を刺激するので、可愛がられ上手とも言えます。ただ、相手に共感しやすいタイプでもあるので、「この人には私がいなきゃ」と思いこみ、ダメ男にハマってしまう危険性もあります。

【C】空気感が大事 感覚恋愛型Lady一般的な恋愛ルールが通じない難敵

周りの評価よりも、自分が着ていて心地よいもの。気分があがるものを感覚的に選ぶアナタ。手に触れてみないとわかないので、ネットショッピングは苦手なタイプです。また、その感覚は流動的なので、昨年は好きだったのに、今はしっくりしないなど、好みも揺れ動きます。恋愛でも、好みのタイプは「なんとなく空気感が」とか「一緒にいて楽しい」など曖昧な表現になりやすく、相手にも伝わりにくかったりします。過去の彼氏に共通点があまりなく、好きなった人が今の好きなタイプというやつです。本人は感覚で生きているのでいいですが、相手は結構大変。好き嫌いに理由がないので、一般的な恋愛ルールが通じず、感情タイプが相手だと「何を考えているかわからない!」とぶちキレられることも。

監修してくれたのは

心理チャート解析士・認定心理士

ホリー☆Knight

出典: 美人百花.com

心理分析をもとに、人々の聖なるお悩みを救う騎士。恋愛のみならず過去から未来までアナタの深層心理を炙り出します。時空を超えた千里眼には定評あり。美人百花.comで心理チャートを不定期連載中。毎日がもっと楽しくなる使える心理テクをつぶやくTwitterも開設!

イラスト/あべさん